鼻炎薬 市販薬のコツ

【薬剤師が解説】花粉シーズンを楽にすごす「点鼻薬」の上手な選び方

投稿日:

上手に使うと花粉シーズンを楽に過ごすことができる

点鼻薬の種類と上手な使い方をご紹介します。

記事中広告

スポンサーリンク

点鼻薬の種類

点鼻薬は、大きく2種類に分類されます。

ステロイド点鼻薬」と「血管収縮成分配合点鼻薬」です。

それぞれ特徴がありますので、上手な使い分けが必要です。

ステロイド点鼻薬

花粉症の元を止めるタイプの点鼻薬です。

元から抑えるため、鼻水・くしゃみ・鼻づまりに効果的で、

継続的に使用すると効果が高まり、花粉を浴びた時の症状が出にくくなります

血管収縮成分配合点鼻薬

鼻づまりの時に生じている鼻血管の腫れをとるタイプの点鼻薬です。

主に鼻づまりに効果を発揮します。

他の配合成分により、鼻水・くしゃみにも効果を発揮します。

血管収縮成分は、効果が一時的で、効果が切れるとまた鼻づまりを生じます

継続的にしようしてしまうと、鼻が薬に慣れてしまい、「薬の効きが弱くなったり」「鼻づまりになりやすく」なってしまいます。

継続使用する場合は、1〜2週間までにすることが目安です。

血管収縮成分には、「ナファゾリン」「テトラヒドロゾリン」「オキシメタゾリン」などがあります。

点鼻薬の選び方

2種類の点鼻薬は、上手に使えばより楽に過ごせます。
  ステロイド点鼻薬 血管収縮成分配合点鼻薬
主に改善したい症状 鼻づまり・鼻水・くしゃみ 鼻づまり
効き目感 継続で高まる 鼻づまりはすぐに解消されるが、効果は一時的
使用期間 花粉シーズン通して 症状がつらい時期(1〜2週間)
使用タイミング 1日2回継続 症状がつらいときのみ使用

「ステロイド点鼻薬」はこのようなときに効果的

内服薬を使用しているけど、効果がいまいち足りない時(鼻づまり、鼻水など)

どの種類の内服薬を使用していても、眠くなって仕方がないとき

【使い方のポイント】

・内服薬を使用していても、使うことができる

・1日2回継続することで、効果が高まるため、花粉飛散シーズン中朝夕2回は継続が効果的

・症状がつらい時は、日中も1日合計4回まで使用可能

「血管収縮成分配合点鼻薬」はこのようなときに効果的

鼻づまりがつらくて、なんとかすぐに解消したいとき(夜寝苦しい、日中会話がしづらい)

【使い方のポイント】

・症状がつらい時だけ使用する(継続使用はしない)

・眠気を引き起こす成分が入っている場合が多いため、内服薬と一緒に使用すると眠気が強くなる可能性がある

市販の点鼻薬

代表的な市販薬には、以下のものがあります。

ステロイドタイプの点鼻薬には、ナザールαARがあります。

医療用と同量の有効成分が配合されています。

1本で180噴霧できるため、1日2回使用で45日もちます。

血管収縮タイプの点鼻薬には、エージーノーズアレルカットMがあります。

鼻づまりがつらくて寝苦しい、日中つらいという時に、1〜2週間に限って使用することがおすすめです。

最後に一言

様々な薬が市販薬として使えるようになってきました。

特に医療現場で症状がつらい方に頻用されているステロイド点鼻薬が使用できるようになっています。

毎年つらい花粉症を楽にすごすために、上手に市販薬を使いこなしましょう。

広告記事下




-鼻炎薬, 市販薬のコツ

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2019 All Rights Reserved.