副作用 市販薬のコツ

【薬剤師が解説】ステロイドって怖いの?副作用は?

投稿日:

「怖い、危険」というイメージのある誤解の多いステロイドについて簡単に解説します。

ステロイドとは?

ステロイドという言葉の響きがなかなか強そうな感じですが、

実は非常に身近なものであったりもします。

ステロイド=副腎皮質ホルモン

腎臓の上にある副腎皮質という場所で作られる生体の機能を調節するホルモンの一種です。

実は、人の体の中でも作られています。

ステロイドの働き

ステロイドの働きは様々です。

免疫の調節

抗炎症作用

血糖、脂質、たんぱく質の代謝調節など

数え切れない数の働きがあります。

ステロイドを利用した医薬品

ステロイドは、体内で作られ活用されている人の体に相性の良い成分のため、

医療現場で様々なケースで活用されています。

外用薬

アトピー性皮膚炎や、様々な皮膚炎に使用されます。

アレルギーなどによる過剰な免疫反応(炎症)を抑えるために外用使用されます。

市販薬での販売もあります。

点鼻薬

花粉症の際に、アレルギー反応を抑える際に使用されます。

鼻水・鼻づまり・くしゃみを軽減させます。

市販薬での販売もあります。

吸入薬

気管支喘息の過剰なアレルギー反応や炎症を抑える際に使用されます。

市販薬での販売はありません。

内服薬

アレルギー反応が過剰になり、重症化したときや、全身に広がった場合は、内服薬が使用されます。

また、体のステロイド産生がうまくできず、自身で補えないときの補充にも使用されます。

市販薬での販売はありません。

なぜステロイドが危険という話が広まったのか?

ステロイドが怖いのは、「誤った使い方」をしたときです。

ドーピングによる副作用

ステロイドは、性ホルモンの材料になります。

男性では、テストステロン、女性では、エストロゲンが有名な性ホルモンです。

外部から、ステロイドを摂取し続けると、生体内のホルモン産生バランスが崩れ、

男性では女性化(女性化乳房、精子減少など)

女性では男性化(生理不順、ヒゲが生えるなど)が引き起こされます。

また、心筋梗塞、易感染性、骨粗鬆症、糖尿病、高血圧、肥満など体のホルモンバランスが崩れ、様々な疾患が引き起こされます。

美容クリームの副作用

化粧下地にステロイドを塗ると肌が白くなるという話から、以前は誤用されていました。

ステロイドの働きで、皮膚の血管が収縮し血の巡りが目立ちにくくなり、一時的に白くなるためです。

しかし、連用すると、血管がもろくなり、さらに皮膚が薄くなってしまうため、赤くひどく荒れた状態になってしまいます

痔の薬を顔に塗ると良いとテレビで放映されていたこともありますが、言語道断です。痔の薬もステロイド薬です。

ステロイドを上手に使う方法

ステロイドは、誤った使い方をしなければ安全性が高い成分です。

誤った使い方のポイントは長期連用です。

ステロイドは、効きが良い分、長く使ってしまうと改善以上の症状(副作用)が現れてしまいます。

市販薬は、1個、または添付文書に記載されている最大日数を超えて使わなければ、

効き目がよく、さらに安全性が高く使用できます。

病院ではどうやって安全にステロイドを使用ているのか?

病院では、長くステロイドを使用することがあります。

どうやって副作用を避けているかというと、内服薬では飲む量を調節しています。

ステロイドによる副作用が現れる理由の一つに、体のホルモンバランスの乱れがあります。

ホルモンバランスを乱れさせないように、ステロイドを服用してやめるときは、徐々に量を減らして、

体を慣れさせながら中止していくことで、副作用を減らしています

また、ステロイドには種類があり、その強さからランクが分かれています

外用薬では、顔や首などの皮膚の薄いところには、弱いランクのステロイド、

その他の部位には強いランクのステロイドを使用するとで副作用を減らしています。

炎症が強い時には、強いランクのステロイドを使用し、落ち着いてきたら、弱いランクに下げる方法も用いられています

最後に一言

ステロイドは、上手に使用すれば安全性の高い成分です。

むしろ、日常的に使用している薬にも副作用の危険性は全てあります

添付文書には、起こりうる副作用の症状が記載されていますので、

同じような症状が現れたら、使用を中止し、医師薬剤師に相談しましょう

広告記事下




-副作用, 市販薬のコツ

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2019 All Rights Reserved.