鼻炎薬 市販薬のコツ

【薬剤師が解説】花粉症:病院でもらったこの薬、市販薬だとどれ?

投稿日:

病院で処方される薬がどんどん市販薬になってきました。

いつも病院でもらう薬は、市販薬にあるのか?

近い薬はどれかを簡単にご紹介します。

記事中広告

スポンサーリンク

病院でもらう内服薬と対応する市販薬

病院で主に処方される薬は、2種類あります。

医療用のお薬を基準に処方数量順に記載しています。

「ー」=市販薬がないもの

「△、▲」=市販薬で同系統成分があるもの

ザイザル(レボセチリジン)

ザイザルそのものの市販薬はありませんが、似たものがあります。

レボセチリジン、セチリジンと成分名が似ていることからもわかりますが、医療用ジルテックがザイザルの類似品です。

ジルテック(10mg)は2つの成分の混合物ですが、その内、活性の高い成分半分を使ったものがザイザル(5mg)です。

ザイザルの成分が丸々ジルテックに含まれているため、

ザイザルの相性の良い方は、ジルテックの市販薬である(ストナリニZ、コンタックZ)も効果的です。

デザレックス、ルパフィン

デザレックス、ルパフィンは比較的新しいお薬で市販薬はありませんが、こちらも少し似た市販薬があります。

クラリチン(ロラタジン)は、効果を示す際に肝臓で代謝されて、活性体のデスロラタジンになります。

そのデスロラタジンを医薬品にしたのが「デザレックス」です。

ルパフィン(ルパタジン)は、ルパタジン自体も作用を示しますが、代謝を受けてデスロラタジンも生成します。

ロラタジン→デスロラタジン(活性体)

ルパタジン→ルパタジン+デスロラタジン

医療用医薬品の成分量は、クラリチン10mg、デザレックス5mg、ルパタジン10mgです。

少し、性質は異なりますが、デザレックス、ルパフィンととても相性の良い方は、「クラリチンEX」を試してみることもおすすめです。

抗ロイコトリエン成分

鼻づまり症状がつらい時は、抗ロイコトリエン薬が処方されることがあります。

市販薬では、抗ロイコトリエン薬が発売されていません。

鼻づまりがつらい時は、点鼻薬で対処することが効果的です。

病院でもらう点鼻薬と対応する市販薬

花粉症のときに使用される点鼻薬は、主に「ステロイド点鼻薬」です。

ステロイド点鼻薬

市販薬には、1日1回タイプのステロイド点鼻薬はありません。

市販のステロイド点鼻薬は、1日2回(最大4回)のもので、有効成分「ベクロメタゾンプロピオン酸エステル」配合のものが発売されています

ナザールαAR」は、刺激が少ないタイプ

AGアレルカットEXc」は、クールタイプです。

どちらも同じ成分ですので、お好みのタイプで選びましょう。

ただし、18歳未満や糖尿病、高血圧などの疾患をお持ちの方などは使用できないため、購入前には使用上の注意を確認しましょう。

その他の点鼻薬

市販の点鼻薬は、複数の成分が配合されて発売されています。

血管収縮成分:アレルギー反応によって、拡張して鼻腔を狭くしている鼻の血管を収縮することで、鼻づまりを改善します。

ただし、使い続けると効果が弱まっていき、さらに続けると鼻づまりになりやすい状態になってしまうので、連用は1〜2週間程度に留めることが必要です。

ナシビンMスプレー」は、血管収縮成分のみ配合で、市販薬唯一1〜2回で長く鼻づまりを抑える点鼻薬です。

連用は、1週間までとなっており、使用後は休薬が必要です。

夜、鼻づまりで寝苦しい、いびきをかいてしまうような長く症状を抑えたい方におすすめです。

 

抗アレルギー成分:ステロイド成分のように、症状を出にくくする働きがあります。

ただし、市販の点鼻薬では、血管収縮成分も配合されているため、使用は1〜2週間に限って使用することがおすすめです。

病院では、「インタール点鼻液」がありますが、市販薬ではクロモグリク酸のみの点鼻薬はありません。

配合剤としては、「エージーノーズアレルカットM」があります。

ステロイド+血管収縮成分配合の点鼻薬に「コールタイジン点鼻液a」があります。

こちらも、血管収縮成分配合のため、連用は1〜2週間までがおすすめです。

ステロイドの強さは、ベクロメタゾンプロピオン酸エステル>プレドニゾロンです。

 

抗ヒスタミン成分:主に鼻水を解消してくれる点鼻薬です。

鼻づまりにも効果がありますが、ステロイドや血管収縮成分に比べマイルドです。

医療用と同じ成分の「ザジテンAL鼻炎スプレーα」があります。

最後に一言

市販薬で使える鼻炎薬の種類が続々増えています。

内服薬だけではなく、ステロイド点鼻薬も使いやすくなってきていますので、花粉症への対策の幅が広がりました。

毎年つらい花粉シーズンを楽に乗り切れるように、自分にあった対策を見つけましょう。

広告記事下




-鼻炎薬, 市販薬のコツ

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2019 All Rights Reserved.