しみ・そばかす お薬紹介

【お薬紹介】しみ・そばかすに最強処方「トランシーノホワイトCクリア」

更新日:

肌のターンオーバーを助けるトランシーノホワイトCクリアの特徴と、

類似薬との違いをご紹介します。

記事中広告

スポンサーリンク

「トランシーノホワイトCクリア」と「トランシーノホワイトC」の違い

リニューアルされた「トランシーノホワイトCクリア」の変更点は、2つです。

1回服用錠数が3錠→2錠

ニコチン酸アミドが追加

※ニコチン酸アミド:皮膚粘膜を正常に保つ作用や血流をよくする作用がある。

  トランシーノホワイトCクリア トランシーのホワイトC
用法用量(15歳以上) 1日2回/1回2錠 1日2回/1回3錠
アスコルビン酸 1000mg 1000mg
L-システイン 240mg 240mg
コハク酸d-α-トコフェロール 50mg 50mg
リボフラビン 6mg 6mg
ピリドキシン塩酸塩 12mg 12mg
ニコチン酸アミド 60mg  

しみ・そばかすに対する働き

「トランシーノホワイトCクリア」は、しみや日焼けなどによる色素沈着の改善作用がある製品です。

 

どのくらい続ければ良いのか?

「トランシーノホワイトCクリア」の働きは、しみや色素沈着の原因である「メラニン」を

「作らせない」「色を薄くする」「排出させる」事でしみ、色素沈着を軽減させます。

皮膚が生まれ変わる(ターンオーバー)するには、約45日かかります。

飲んだらすぐに効くお薬ではないので、用法容量を守り、しっかり続ける事が重要になります。

徐々に薄くなっていくため、服用開始前に写真を撮り、経過後の状態と比べてみる事がおすすめです。

どのように働くのか

「トランシーノホワイトCクリア」は、各種ビタミン類などが、肌の代謝に働きます。

メラニンを作らせない L-システイン、アスコルビン酸
メラニンの色を薄くする アスコルビン酸
メラニンの排出させる ピリドキシン塩酸塩、リボフラビン、ニコチン酸アミド、コハク酸d-α-トコフェロール

「トランシーノホワイトCクリア」の特徴

数あるしみ・そばかす緩和製品の中での特徴をご紹介します。

・1日2回

・アスコルビン酸(ビタミンC)量が多い

・肌の代謝に関わるビタミンを配合

製品 トランシーノホワイトCクリア チョコラBBルーセントC ハイチオールCプラス ハイチオールCホワイティア
用法用量(15歳以上) 1回2錠1日2回(朝夕) 1回2錠1日3回(食前又は食後) 1回2錠1日3回 1回2錠1日2回(朝夕)
L-システイン 240mg 240mg 240mg 240mg
アスコルビン酸 1000mg 600mg 500mg 500mg
パントテン酸カルシウム     24mg 30mg
コハク酸d-α-トコフェロール 50mg 100mg    
ニコチン酸アミド 60mg 25mg    
ピリドキシン塩酸塩 12mg 20mg    
リボフラビン 6mg      
リボフラビンリン酸エステルナトリウム   15mg    

トランシーノⅡとの違い

トランシーノには、「しみ・そばかす」改善タイプと「肝斑」改善タイプがあります。

「トランシーノホワイトCクリア」は、「しみ・そばかす」改善タイプ

「トランシーノⅡ」は、「肝斑」改善タイプ

肝斑は、両ほほ骨に沿ってできる事が多いシミです。

多くは、30〜40代で見られます。

肝斑の場合は、「トランシーノⅡ」がおすすめです

【薬剤師が選ぶ】しみ(肝斑)を治す唯一の市販薬

しみ(肝斑)とは? 肝斑(かんぱん)の特徴 大きさは、様々で小さいものから蝶形に ...

続きを見る

 

最後に一言

気になるしみ・そばかすは、医薬品で改善する事ができます。

ただし、あくまでも補助的な役割のため、しっかり効果を確認する事が必要です。

ビタミン剤で取れないタイプのしみもありますので、写真を撮るなどして改善効果を確かめながら使用する事がおすすめです。

広告記事下




-しみ・そばかす, お薬紹介

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.