おすすめ市販薬 便秘薬

【薬剤師が選ぶ】便秘の原因は?状況別おすすめ便秘薬

更新日:

状況別のおすすめ便秘薬をご紹介します。

記事中広告

スポンサーリンク

便秘の原因

便秘にもいくつか種類があります。状況に合わせた市販薬を選ぶことをおすすめします。
 

弛緩性便秘

大腸の運動機能が弱り、便が停滞してしまうタイプの便秘です。

最も多い便秘の種類です。

便が腸で停滞すると、水分がどんどん腸から体内へ吸収されていきますので、便は黒っぽくコロコロした状態になります。

けいれん性便秘

腸の運動が活発になり、便の輸送がスムーズに行かず、便の水分が吸収されすぎて起こるタイプの便秘です。

腸の運動が活発になっているため、下痢や便秘を交互に起こす場合があります。

腸の動きがスムーズにできず、便が止まってしまうと、水分がどんどん腸から体内へ吸収されいき、コロコロした状態になります。

腸が活発に動くため、腹痛を伴うこともあります。

腸の動きが活発になっていることが原因ですので、腸の動きを促す刺激性の便秘薬は無効です。

直腸性便秘

便が直腸に達しても、直腸が動かず停滞してしまうタイプの便秘です。

便を我慢したり、浣腸を使いすぎると直腸性便秘になることがあります。

刺激性の便秘薬は大腸への作用が主ですので無効です。

器質性便秘→病院へ受診

腸やその周囲の病変による便秘です。

原因に「大腸癌」「潰瘍性大腸炎」「子宮筋腫」「腸閉塞」などがあります。

腸が狭まることや腸の機能が低下することが原因で便が出にくくなります。

疾患によっては、腹痛、吐き気、嘔吐、血便、発熱などの症状が起こることがあります。

病変を改善しない限り改善されませんので、医師に受診することをお勧めします。

薬剤性便秘

薬の副作用によって便秘が起こることがあります。

市販薬では、咳止めや風邪薬に含まれる「ジヒドロコデインリン酸塩」が便秘を引き起こす可能性のある成分です。

便秘を防ぐための生活習慣

まずは、生活習慣の改善をすることをおすすめします。

便秘を防ぐための生活習慣のポイントは4つあります。

食物繊維:便の元となる腸内細菌の餌になったり、水分を吸収して排泄されやすい便を形成します。

水分:便の水分が減ると、小さく硬くなり排泄されにくくなります。

運動:便秘の原因の一つに筋力の低下があります。早歩きや自転車などの中等度の運動が有効です。

便秘を我慢しない:直腸に便が運ばれると便を出そうという反応が起きます。我慢をし過ぎてしまうと、その反応が弱まり便秘になってしまうことがあります。

 

便秘薬の種類

便秘薬には様々な種類があります。

どのような作用で効くかを知れば、自分に適した薬を選ぶことができます

塩類成分:腸の浸透圧をあげて、腸内の水分量を増やし、便に水分を与ることで排便をさせやすくします。

浸潤性成分:界面活性作用により、固まった便に水分を与えて便を柔らかくすることで排便させやすくします。

膨張性成分:食物繊維で、水分を吸収し膨らむことで便を形成します。腸内細菌のエサとなり腸内細菌の数を増やすことによる便の形成にも繋がります。

大腸刺激成分:大腸を刺激することで、蠕動運動を活発にして排便を促します。漢方薬にも大腸刺激成分が入っています

浣腸成分:直腸を刺激することで排便を促します。

坐薬成分:直腸を刺激することで排便を促します。

状況別おすすめ市販薬

便秘にはいくつか種類がありますので、状況に合わせて市販薬を選ぶことをおすすめします。

便が少ししか出ない

ダイエット中や不規則な食生活では、便の元となる食物繊維が足りなく、便秘になることがあります

そのような方には、膨張性成分(食物繊維)を含んだ便秘薬がおすすめです。

ベストールファイバー」は、食物繊維の「プランタゴ・オバタ種子」のみが成分のシンプルな市販薬です。

たっぷりの水と服用することで、食物繊維が膨らみ便を形成します。

成分が食物繊維のみなので、便秘だけではなく、下痢、便秘と下痢の繰り返しにも使用できます

便の量がすくなく、大腸の動きも停滞している場合は、「膨張性成分(食物繊維)」+「大腸刺激成分」が含まれているものをおすすめします。

スルーラックデトファイバー」は、膨張性成分(食物繊維)の「プランタゴ・オバタ種皮末」と大腸刺激成分の「センノシド」「アロエ末」が含まれています。

サトラックスビオファイブ」は、食物繊維の「プランタゴ・オバタ種子」と大腸刺激成分の「センナ実」に加え、腸の環境を整える「糖化菌(納豆菌)」「乳酸菌(ラクトミン)」も含まれていますので、便の匂いが気になるなどの腸内細菌のバランスが崩れている方にもおすすめです。

便が硬くなって出ない

便が滞留すると、便の水分がどんどん腸から体内へ吸収され便が硬くなり出にくくなっていきます

酸化マグネシウムE便秘薬」は、塩類成分の「酸化マグネシウム」を含み、大腸で便の水分を増やして排便をしやすくさせます。

筋力が低下して便秘になっている

高齢者や無理なダイエットなどで大腸の筋力が低下した状態では、弛緩性便秘になっている可能性があります。

便が停滞してしまうと、どんどん水分が吸収され便が固まりさらに排便がしにくくなってしまいます。食事から十分な食物繊維を取りましょう

また、適度な運動も筋力を回復させるためには重要です。

ピコラックス」は、大腸刺激性の便秘薬で医療用でも用いられる「ピコスルファートナトリウム」が含まれている、お腹が痛くなりにくい市販薬です。

コーラックハーブ」は、医療用でも用いられる大腸刺激成分の「センノシド」に加え、それを補助する「甘草」が配合されています。

タケダ漢方便秘薬」は、大腸刺激作用のある生薬「大黄」にそれを補助するとされる「甘草」の2種類が配合されているシンプルな漢方薬です。

刺激性成分は、副作用で腹痛が起こる可能性があります。

市販薬では、いくつか種類がありますので、過去に服用して痛くならなかったものを選ぶことをおすすめします。

ストレスで便秘になる

ストレスで自律神経のバランスが崩れ腸が過剰運動してしまい、便の運搬がうまくできず便秘になることがあります。

腸が過剰運動をしていますので、大腸刺激成分が含有されている市販薬は適しません

ストレスが原因の場合は、原因のストレスを取り除き、食物繊維をしっかり取る便通に良い生活習慣を行うことが重要です。

ベストールファイバー」は、食物繊維の「プランタゴ・オバタ種子」のみが成分のシンプルな市販薬です。

刺激成分が入っていないため、腸の動きが活発になっている時でも使用できます。

成分が食物繊維のみなので、便秘と下痢の繰り返しにも効能があります

ストレスが原因とされるの疾患で便秘の症状を伴うものに「過敏性腸症候群」があります。

「過敏性腸症候群」と過去に診断された方に使える市販薬があります。

セレキノンS」は、腸の運動を調整することで、過敏性腸症候群の症状である便秘や下痢を改善します。

【薬剤師が選ぶ】過敏性腸症候群におすすめな市販薬

過敏性腸症候群とは? 過敏性腸症候群とは、腹痛や腹部不快感を伴う下痢や便秘を繰り ...

続きを見る

踏ん張ってもなかなか出ない

便が肛門付近まで来ているけれども、踏ん張ってもなかなか出ない場合は、直腸性便秘の可能性があります。

便が停滞して水分がなくなり硬くなっている場合は、便を柔らかくする市販薬をおすすめします。

オイルデル」は、浸潤性成分の「ジオクチルソジウムスルホサクシネート」を含み、界面活性作用から、便に水分を与えます。

 

最後の手段「浣腸」「坐薬」

便が直腸に溜まって出ない場合、腸を直接刺激して排便を促す「浣腸」「坐薬」を使用するという手段があります。

ただし、「浣腸」などを連用してしまうと、直腸がそれに慣れてしまい、「浣腸」がないと排便が促されなくなってしまい、直腸性便秘の原因になってしまうことがあります

浣腸で溜まった便を出した後は、生活習慣の改善をして自然な排便を促しましょう。

ミニカS」は、通常浣腸に含まれる「グリセリン」だけではなく、便を柔らかくする「クエン酸ナトリウム水和物」や「D-ソルビトール」も配合されているので、おすすめな浣腸です。

イチジク浣腸ジャバラ」は、浣腸が苦手な方でもジャバラの形状で注入しやすい市販薬です。

「新レシカルボン坐剤S」は、炭酸ガスを発生させて腸の運動を促進させる「炭酸水素ナトリウム」を含む坐薬です。

直腸性便秘の場合、「便を我慢する」ことが原因の一つに挙げられます。

特に忙しい朝は、出勤などで便を我慢しがちです、早起きと朝食で定期的な排便習慣をつけましょう

最後に一言

便秘には様々な原因と、様々な市販薬があります。

便秘の背景には重大な疾患が隠されていることがありますので、急に便秘になったり激しい腹痛、嘔吐など、

気になることがありましたら、医師に受診することをお勧めします。

参考サイト

便秘解消講座/酸化マグネシウムE便秘薬

便秘/国立がん研究センター

便秘なんでもネット/アストラゼネカ

排泄ケアナビ/ユニチャーム

広告記事下




-おすすめ市販薬, 便秘薬

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.