おすすめ市販薬 かゆみ

【薬剤師が選ぶ】デリケートエリアのかゆみにおすすめな市販薬

更新日:

汗やむれによるデリケートエリアのかゆみにおすすめな市販薬をご紹介します。

記事中広告

スポンサーリンク

かゆみの原因

デリケートエリアは、蒸れやすく肌も敏感です。

そのため、汗などの刺激が加わると炎症が起こり、かゆみを生じることがあります。

市販薬では、炎症やかゆみを抑える対症療法です。

患部を清潔にし、蒸れにくくしつつかきむしることによる悪化を防ぐことをおすすめします。

中々改善されない場合、ただの湿疹ではないこともありますので、医師に受診することをお勧めします。

注意しなければならないかゆみの原因

原因が菌によるものの場合、治療方法が異なるため、注意が必要です。

股部白癬(いんきんたむし):太ものの内側から、股間にかけてかゆみを生じます。

原因は、白癬菌で市販のかゆみ止めに含まれる殺菌成分では、殺菌できません。

水虫と同じ菌であるため、特に水虫感染者に疑われます。そのため、水虫の市販薬は、一般にいんきんたむしにも効きます

ただし、陰部や外陰部へのかゆみは、白癬菌が原因ではないことが多いため、使用できません

白癬の特徴は、ぷつぷつ(水疱)や境界面の盛り上がりです。

皮膚科では、菌の検査ができるため、そのような症状の方は、一度皮膚科に受診することをおすすめします。

【成分で選ぶ】おすすめな水虫薬の選び方

水虫薬成分早見表 水虫薬の成分で見るオススメな選び方 1:抗真菌成分で選ぶ 「ラ ...

続きを見る

膣カンジダ、トリコモナス、細菌性膣炎:こちらも菌によるもので、もともと体に存在する菌がストレスや疲労などで免疫力が低下した時に増殖したり、外部から感染してなるものもあります。

特徴は、おりものの増加とかゆみです。膣カンジダの再発にのみ、市販薬があります

【薬剤師が選ぶ】腟カンジダの特徴とおすすめ市販薬

腟カンジダとは? 人の体には、カンジダ菌という真菌が常在しています。 常在菌のバ ...

続きを見る

デリケートエリアにおすすめな市販薬

デリケートエリアに使用できるおすすめな市販薬をご紹介します。

市販薬に含まれる成分

局所麻酔成分(リドカイン、ジブカイン塩酸塩):皮膚表面の感覚神経伝達を途中でブロックすることで、かゆみの感覚を抑えます。

抗ヒスタミン成分(ジフェンヒドラミン):かゆみは、組織で放出されるヒスタミンによって引き起こされます。そのヒスタミンの作用を抑えることでかゆみを抑えます。

殺菌成分:細菌を殺菌することで、患部環境の悪化を防ぎます。白癬菌やカンジダ菌などの真菌には殺菌作用を示しません。

酸化亜鉛:水分吸収、収斂作用によりかゆみを抑えます。

ステロイド成分(プレドニゾロン、ヒドロコルチゾン、デキサメタゾン、フルオシノロンなど):ステロイドは、強い抗炎症効果を持つ反面、免疫を抑えてしまうことがあります。

デリケートエリアでは、白癬やカンジダなどの感染症も疑われます。

そのため、素人判断では、デリケートエリアにステロイド成分が入ったものを使用することはおすすめできません

デリケートエリアにおすすめな市販薬

成分 分類 タクトホワイトL フェミニーナ軟膏S フェミニーナジェル フェミニーナミスト
リドカイン 局所麻酔成分 0.5g 2g 2g  
ジブカイン塩酸塩 局所麻酔成分       0.3g
ジフェンヒドラミン 抗ヒスタミン成分 1g   1g  
ジフェンヒドラミン塩酸塩 抗ヒスタミン成分   2g   2g
dl-メチルエフェドリン 血管収縮成分 0.5g      
イソプロピルメチルフェノール 殺菌成分 0.1g 0.1g 0.1g  
ベンゼトニウム塩化物 殺菌成分       0.1g
酸化亜鉛 収斂成分 12.5g      

タクトホワイトL」は、酸化亜鉛が含まれており、炎症を抑えるとともに、患部を乾燥させます。

水を多く含み、プルプルしたリニメント基剤(泥のような剤形)ですが、患部にすり込みしばらくすると乾燥してきます。酸化亜鉛が残り、白くなることが特徴です。

患部の水分を吸収するため、あせもにも効果的です。

フェミニーナ」シリーズは、ジェル、軟膏、ミストと種類が豊富なため、好みに合わせて剤形を選ぶことができます。

かゆみが起こっている場合、手で塗るとそれが刺激となり、かゆみが誘発されてしまうことがあります。

そのような場合は、ミストタイプを選べば、少ない刺激で塗ることができるためおすすめです。

傷ができてしみるのが気になる方は、「軟膏タイプ」が比較的刺激が少ないのでおすすめです。

ただし、軟膏タイプは少しべたつきがあるため、さっぱりした使用感が良い場合は、ジェルタイプがおすすめです。

最後に一言

皮膚のかゆみは掻きむしってしまうと、傷つきさらにかゆみを生じやすくなってしまいます

かゆみの原因である、蒸れや汗をかきにくく通気性の良い環境にし、我慢できない場合は、市販薬でかゆみを抑えて掻きむしることを避けましょう。

中々治らない場合や、菌が原因と考えられる場合は、皮膚科医への受診をおすすめします

参考:各製品添付文書

家庭の医学

 

広告記事下




-おすすめ市販薬, かゆみ

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.