おすすめ市販薬 いぼ、魚の目、たこ

【薬剤師が選ぶ】「たこ」「魚の目」の見分け方とおすすめな市販薬

更新日:

たこ」「魚の目」におすすめな市販薬とその使い方をご紹介します。

記事中広告

スポンサーリンク

「うおのめ」「たこ」とは?

原因は?

たこ」「魚の目」は共に刺激により、角質が増殖したものを言います。

その深度により、「たこ」か「うおのめ」かに分類されます。

主に足などの圧迫される場所にできます

「たこ」:圧迫されて皮膚が分厚くなった状態

「魚の目」:たこよりさらに深くまで、角質が増殖し、押すと痛みを伴う状態芯ができている

「いぼ」との違いは?

いぼ」とは、皮膚から盛り上がっている小さなできもののことです。

「いぼ」は、ウイルスが原因でできます。

主に手や、傷ができた場所にできますが、体のどの部分にも現れます

 

市販薬での治療

市販薬での治療は、角質を溶かす成分を塗布または貼付し、取り除くことによって改善させていきます。

市販薬に含まれる成分

市販薬に含まれている成分には、「サリチル酸」や「乳酸」があり、どちらも角質を柔らかくする作用があります。

いずれも、増殖した角質を溶かして無くす、もしくは除去するといった治療法になります。

市販薬での治療の流れ

薬で角質を柔らかくする→物理的に取り除く→取りきれるまで薬、除去を繰り返す

薬で柔らかくなったら、爪切りやピンセットなど取り除きやすい道具で痛くない部分のみ取り除きましょう。

かなり分厚くなっている場合は、最初に表面の角質部分を削ってから、市販薬を使用することもできます。

魚の目を削る専用のカッターも販売されています。

増殖しているのは、痛くない角質のみですので、痛くない部分のみを取り除きましょう。

「たこ」の場合、表面の角質が膨らんでいる部分が取れたら治療完了です。

「魚の目」の場合、中の芯まで取り除くことができたら治療完了です。

おすすめな市販薬

市販薬の種類

市販薬では、絆創膏タイプ液体タイプと2種類があります。

絆創膏タイプ:範囲がある程度大きい場合うおのめの場合におすすめします。

液体タイプ小さい範囲の場合におすすめします。

おすすめは、簡便で、長時間患部に薬剤成分を触れさせることができ密封効果もある絆創膏タイプです。

市販薬の上手な選び方

1:患部の大きさを直径で測る。

カットされている絆創膏タイプでは、調整できるサイズが直径3mm〜直径12mmのものまであります。

それ以上の大きさは、フリーサイズのハサミで切って調節するタイプのものもあります。

まずは、自分の患部の大きさを測りましょう。

2:患部からはみ出さないサイズのものを選ぶ。

薬剤が触れる部分が患部から少しでもはみ出てしまうと、健常部の皮膚も溶かしてしまいます

角質層が溶ける分には痛みを感じませんが、健常部は角質層が薄いので、痛みを生じてしまいます

スピール膏」の絆創膏タイプでは、サイズごとに対応できる「サイズ調整シール」が入っています。

患部のサイズに合わせて使用できるのでおすすめです。

患部の大きさごとのおすすめな種類

直径3mm以下:フリーサイズの絆創膏タイプ、液体タイプ

直径3mm〜直径12mm:カット済みの絆創膏タイプ

直径13mm以上:フリーサイズの絆創膏タイプ

絆創膏が貼れないような患部:液体タイプ

また、指に巻きつけるタイプ足裏に貼り付けるタイプの2種類があります。

指用(巻きつけられるタイプ)

(対応サイズ:直径3mm/4.5mm/6mm/7mm)

(対応サイズ:直径5mm/7mm/9mm/10mm)

(対応サイズ:12mm)

 

足裏用(貼り付けるだけのタイプ)

(対応サイズ:直径3mm/4.5mm/6mm/7mm)

(対応サイズ:直径5mm/7mm/9mm/10mm)

 

フリーサイズ(自分で切り取るタイプ)

「様々なサイズのカット済みタイプ」

(フリーサイズ1枚入り)

絆創膏タイプの上手な使い方

「スピール膏」の絆創膏タイプを例に上手な使い方をご紹介します。

1:入浴後の患部が清潔になっている時に貼る

2:患部からはみ出ないサイズを使用する。

丸い穴の空いたサイズ調節シールが入っているので、シールを貼った時に健常部が見えないサイズのものを先に貼ります。

その後に、薬剤成分の入っているシールを上から貼り、さらに固定テープで剥がれないように固定します。

患部からはみ出てしまう場合は、薬剤部分をハサミなどで切って患部より少し小さくなる程度にサイズを調節しましょう。

3:2〜3日貼ったままにし、患部を溶かす。

この時、少しでも痛みを感じた場合は、サイズが合っていなかったり薬剤が当たっている部分がズレている場合がありますので、新しくサイズのあったものを貼り直すことをおすすめします。

4:痛みを感じない部分(増殖した角質部分)をピンセットや爪切りなどで取り除く。

5:患部が完全に取りきれるまで、1〜4を繰り返す。

特に、うおのめは、芯が取れていないとそれが刺激になり、再発してしまうことがあります。

液体タイプ

液体タイプでおすすめな市販薬に「スピール液」「スピールジェル」があります。

角質を溶かしてくれる成分に「サリチル酸」がありますが、このスピールシリーズは15%と高濃度で配合されています。

さらに、皮膜を形成し患部にとどまりやすくする皮膜形成成分「コロジオン」も含有されています。

正常な皮膚を溶かしてしまうと、痛みを生じてしまうため、塗るときは患部以外に着かないようにしましょう

スピール液:棒タイプで細かくぬれる。

スピールジェル:ジェルなので垂れにくい。

正常な皮膚に薬液が着くのを避けるためには、保護パッドの併用もおすすめです。

最後に一言

「いぼ」は、市販薬で溶かして取ってしまうことが可能ですが、

使い方を誤ってしまうと健常部まで壊してしまい、余計に痛くなってしまいます。

詳しい使い方は、パッケージ内に入っている添付文書に必ず記載されていますので、しっかり読んでから使いましょう。

参考:皮膚科Q&A/日本皮膚科学会

今日のOTC薬

広告記事下




-おすすめ市販薬, いぼ、魚の目、たこ

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.