市販薬のコツ かゆみ

【市販薬のコツ】かゆみをしっかり止める市販のステロイド成分の強さ一覧

更新日:

かゆみどめに含まれるステロイド成分には、強さのランクがあります。

どの市販薬がどの強さなのかをご紹介します。

記事中広告

スポンサーリンク

市販のステロイド一覧

ステロイド成分とは?

ステロイド成分は、かゆみの原因となる炎症を抑えてくれる成分です。

市販薬に含まれる他の成分に比べしっかり炎症を抑えてくれます

ステロイド成分のランク

ステロイド成分は、強さのランク分けがされています。

お年寄りや子供では吸収が良くなっているので、弱いランクのステロイドで効果が十分現れます

ランク 成分名 医療用名 市販薬名
ストロング(強い)  ベタメタゾン吉草酸エステル リンデロンV、ベトネベート ベトネベートクリームS、ベトネベートN軟膏AS
フルオシノロンアセトニド フルコート フルコートf
ミディアム(中間)  プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル リドメックスコーワ リビメックスコーワ、コートfAT  
ヒドロコルチゾン酪酸エステル ロコイド ロコダイン、ロバックHi  
デキサメタゾン グリメサゾン、オイラゾン ラリーエイ、オイチミンD
ウィーク(弱い)  プレドニゾロン プレドニゾロン コートfMD
デキサメタゾン酢酸エステル なし オイラックスデキサ、オイチミン、シオノギD軟膏  

ストロング

ミディアム

ウィーク

ステロイド外用薬の特徴と使い方のポイント

ステロイド外用薬を使用するポイントは、しっかり、早く治すことです。

湿疹や皮膚炎では、かゆみが生じ、掻きむしってしまうと皮膚が弱くなりさらに過敏になり症状が悪化してしまいます。

そのような場合は、早い段階で、しっかり治すことが重要になります。

①赤みや熱を持っている「炎症」を伴うかゆみに効果的

②年齢や状況に合わせてステロイドのランクを選ぶ

③症状が治まったら使用をやめる

以上のことが使用のポイントです。

かゆみのみで炎症が伴わない場合は、ステロイドを含まない外用薬の使用がおすすめです。

最後に一言

ステロイドは、副作用が怖いというイメージがありますが、

長期使用しないなどの使用方法を守れば、有効にかつ安全に使用できるとても良い成分です。

薬を使用する際は、添付文書をしっかり読み、用法容量を守り使用しましょう。

 

広告記事下




-市販薬のコツ, かゆみ

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.