しもやけ おすすめ市販薬

【薬剤師が選ぶ】しもやけに効くおすすめ市販薬

投稿日:

冬の寒さでよくあるかゆい「しもやけ」

その予防法と対処に使えるおすすめ市販薬をご紹介します

記事中広告

スポンサーリンク

「しもやけ」は、なぜ起こるのか?

しもやけは、手足の血行不良によって引き起こされます

冷えたりして、血行が悪くなった手足の先に寒暖差で急に血液が巡ると、腫れたり、かゆみを生じたりしもやけの症状を引き起こします

しもやけを防ぐポイントは、「寒暖差を避ける」「手足の血流を保つ」ことです。

危険なしもやけ

しもやけと間違えやすい病気もあります。

しもやけと違う病気の時は、どんなにしもやけ対策をしても改善しないことがあります。

寒くない時期にも症状が出てきたり体がだるい関節が痛い発熱もあるなどの症状がある場合は、他の病気であることもあります。

病院での治療でしか改善できない別な病気であるケースもありますので、一度医師に相談してみましょう。

「しもやけ」の予防法

しもやけは、対策をすることで防ぐことができます。

手足を冷やさない

しもやけは、寒暖差による血流の滞りで起こりますので、手足を冷やさないようにすることが重要です。

出かける際は、手足を冷やさないように、手袋や厚手の靴下でしっかり対策をとりましょう。

雪などで濡れてしまったら、早めに取り替えて冷えを防ぎましょう。

耳もしもやけになりやすい場所ですので、イヤーマフをつけることも効果的です。

血流を保つ

血流をよくするには、ビタミンEが効果的です。

毎年、冬になると手足が冷えてしもやけになる方は、

寒くなる1〜2ヶ月前から飲み始めることがおすすめです。

ビタミンEにも種類があります。

効果が高いビタミンEは、「d-α」型のものです。

  ユベラックスα2 ユンケルEナトール
成分 d-α-トコフェロール d-α-トコフェロール
γオリザノール
酪酸リボフラビン

ユンケルEナトールは、ユベラックスα2の成分に加え、自律神経の乱れによる血流不良を調整してくれるγオリザノールなども、配合されていて価格も安いのでおすすめです。

「しもやけ」の対処におすすめな市販薬

しもやけになってしまったときに、おすすめな市販薬をご紹介します。

手足が冷えやすくしもやけになりやすい方には、ベルクリーンS軟膏がおすすめです。

トウガラシやビタミンEが血行を促進してくれるのが特徴です。

かゆみや軟膏のべたつきが特に気になる方は、「トフメルソフト」がおすすめです。

かゆみ止め成分がしっかり配合されていて、べたつきにくいクリームという点が特徴です。

しもやけに塗り薬を使う時は、マッサージをして血行を良くしながら塗るとより効果的です。

最後に一言

寒い季節、しもやけの原因を知っていれば対処もしやすくなります。

まずは、しもやけにならないように、しっかり防寒対策をしましょう。

広告記事下




-しもやけ, おすすめ市販薬

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2019 All Rights Reserved.