お薬紹介 胃腸薬

【お薬紹介】胃酸逆流による胸焼けに「スクラートG」液体タイプの胃腸薬

更新日:

スクラルファート配合の液体タイプの胃腸薬「スクラートG」をご紹介します。

記事中広告

スポンサーリンク

スクラートGの特徴

スクラルファートがダメージを受けた患部を直接カバー

スクラルファート」は、荒れた胃粘膜に直接吸着する性質のある成分です。

さらに「スクラートG」は、粘膜付着性ゲル基剤になっており、軟膜に含まれるムチンとくっつきやすい性質になっています。

そのため、スクラルファートの吸着性と、基剤の吸着性でより、荒れた粘膜患部に止まりやすい製剤です。

就寝前服用で、夜中や明け方の嫌な胸焼けを改善

弱って過敏になっている胃粘膜を「スクラルファート」が保護し、「メタケイ酸アルミン酸マグネシウム」「合成ヒドロタルサイト」が胃酸を中和することで、胸焼けを抑えます。

水なしで飲める液体グレープフルーツ味

メントール含有で、爽快感のある液体タイプです。

 

基本情報

主成分(1日量)

スクラルファート :1500mg

メタケイ酸アルミン酸マグネシウム: 40mg

合成ヒドロタルサイト:750mg

ソウジュツ流エキス:0.6mL(原生薬:1.5g)

コウボク流エキス:0.6mL(原生薬:1.0g)

効能・効果

胃痛、胸やけ、胃酸過多、げっぷ(おくび)、もたれ(胃もたれ)、胃重、胃部膨満感、胃部不快感、胸つかえ、飲み過ぎ(過飲)、はきけ(むかつき、二日酔・悪酔のむかつき、胃のむかつき、嘔気、悪心)、嘔吐

用法・用量

成人(15才以上)1回1包、1日3回、食前または食間・就寝前に服用する。

 

スクラートシリーズの特徴比較

成分 作用 スクラートG スクラート胃腸薬(顆粒) スクラート胃腸薬(錠剤) スクラート胃腸薬S
スクラルファート 胃粘膜保護・修復 1500mg 1500mg 1500mg 1500mg
メタケイ酸アルミン酸マグネシウム 胃酸中和 1500mg      
合成ヒドロタルサイト 胃酸中和 750mg 270mg 600mg 480mg
ケイ酸アルミン酸マグネシウム 胃酸中和   1125mg    
炭酸水素ナトリウム 胃酸中和     450mg 600mg
ロートエキス三倍散 胃酸分泌抑制     90mg  
ロートエキス 胃酸分泌抑制   30mg    
アズレンスルホン酸ナトリウム水和物 胃粘膜修復   6mg 6mg  
L-グルタミン 胃粘膜修復成分   400mg 400mg  
ジアスメンSS でんぷん消化酵素     60mg  
リパーゼAP6 脂肪消化酵素     60mg  
リパーゼAP12 脂肪消化酵素       30mg
ビオジアスターゼ2000 消化酵素       30mg
ソウジュツ流エキス 生薬成分 0.6mL(600mg)      
コウボク流エキス 生薬成分 0.6mL(600mg)      
ショウキョウ末 生薬成分       120mg
ケイヒ末 生薬成分       300mg
ウイキョウ末 生薬成分       60mg
ウコン 生薬成分       60mg
ゲンチアナ 生薬成分       30mg
サンショウ 生薬成分       12mg
チョウジ 生薬成分       120mg

スクラートシリーズ共通の特徴

スクラートシリーズの最大の特徴は、名前からも分かる通り、「スクラルファート」配合ということです。

スクラルファート」は、荒れた粘膜に吸着する作用があります。

胃痛や胸焼けは、その弱った粘膜に胃酸がダメージを与えることによって生じます

スクラルファート」は、その患部に吸着し、痛みや胸焼けを改善する効果があります

スクラートG(胸焼け)

スクラートG」は、弱った粘膜の保護を考えた「スクラールファート」配合、粘膜付着性ゲル基剤の液体製剤です。

液体のため、直ぐに効果を発揮させたい方や、水なしで服用したい方におすすめです。

スクラート胃腸薬(胃痛、胸焼け)

スクラート胃腸薬」は、胃酸の分泌を抑制する「ロートエキス」を配合していますので、胃酸による胃痛や胸焼けを改善したい方におすすめです。

スクラート胃腸薬S(食べ過ぎ)

 

スクラート胃腸薬S」は、消化酵素や健胃生薬を配合していますので、食べ過ぎを伴う胃痛や胃の不快感を改善したい方におすすめです。

 

最後に一言

胃腸薬にも様々な種類の市販薬があります。

自分の状況に適した成分の配合されている胃腸薬を選ぶことをおすすめします。

参考:スクラートG/ライオンニュースリリース

スクラート胃腸薬/ライオン

各製品添付文書

広告記事下




-お薬紹介, 胃腸薬

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.