鼻炎薬 お薬紹介

【お薬紹介】複数成分入っているのに眠くなりにくい鼻炎薬「ロートアルガード鼻炎内服薬ゴールドZ」

投稿日:

処方が強化されたロートアルガード鼻炎内服薬ゴールドZについてご紹介します。

画像引用元:ロートアルガード鼻炎内服薬ゴールドZ/ロート製薬

iginalsc]

ロートアルガード鼻炎内服薬ゴールドZの特徴

従来品との違い

従来品には、「ロートアルガード鼻炎内服薬ZⅡ」があります。

成分 分類 ロートアルガード鼻炎内服薬ゴールドZ ロート アルガード 鼻炎内服薬Z II ロートアルガード クイックチュアブル
メキタジン 抗ヒスタミン成分 4mg 4mg 4mg
ベラドンナ総アルカロイド 抗コリン成分 0.4mg 0.4mg 0.4mg
フェニレフリン塩酸塩 血管収縮成分     15mg
プソイドエフェドリン塩酸塩 血管収縮成分 75mg 75mg  
dl-メチルエフェドリン 気管支拡張成分・血管収縮成分 75mg 60mg  
シンイエキス 生薬成分 24mg    
グリチルリチン酸二カリウム 抗炎症成分   60mg  
無水カフェイン 頭重改善成分 110mg 90mg 90mg

dl-メチルエフェドリン:60mg→75mg(気管支を広げ呼吸を楽にします。鼻づまりにも効果があります。)

無水カフェイン:90mg→110mg(頭重感の改善をします。眠気を改善する作用もあります。)

シンイエキス:新しく追加(消炎、排膿、抗菌作用)

副鼻腔炎に効くと大きく書いてあるのは、このシンイエキスが追加されたからでしょう。

鼻水・鼻づまりがつらい方におすすめ

「ロートアルガード鼻炎内服薬ゴールドZ」は、「アレグラ」や「アレジオン」のような1成分のものと比べ、症状を抑える成分が多く入っている為、「鼻水」「鼻づまり」をすぐに止めたいという方におすすめです。

ベラドンナ総アルカロイド(抗コリン成分):鼻水を改善

塩酸プソイドエフェドリン、dl-メチルエフェドリン:鼻づまりを改善

鼻づまり改善成分W配合

塩酸プソイドエフェドリン」「dl-メチルエフェドリン」は、血管を収縮させて鼻づまりを改善します。

この処方は、他の市販薬に比べても特徴的ですので、鼻づまりがつらい方におすすめです。

第二世代抗ヒスタミン成分「メキタジン」配合

メキタジン」は、アレグラに含まれる「フェキソフェナジン」やアレジオンに含まれる「エピナスチン」と同じ第二世代抗ヒスタミン成分に分類される成分です。

第二世代抗ヒスタミン成分は、比較的眠気が少ない成分です。

鼻水や鼻づまりに効果が高い配合剤の鼻炎薬の場合、眠気が気になる第一世代抗ヒスタミン薬を含むものしかありません

ただし、体質によって眠気の頻度は変わる為、車の運転などをしてはいけません。

「メキタジン」の眠気は、他の第二世代抗ヒスタミン薬(アレグラ、アレジオンなどの単味成分)に比べると高いので注意が必要です。

同じ「メキタジン」を配合した、効き目の良い配合剤の鼻炎薬には、以下のものが発売されています。どちらも、鼻水に対する成分、鼻づまりに対する成分が配合されていますので、総合的に症状がつらい方にもおすすめです。

 

副作用に注意

成分が多く配合されている分副作用には、注意が必要です。

前立腺肥大による排尿困難高血圧心臓病甲状腺機能障害糖尿病の方は使用できません。

また、ベラドンナ総アルカロイド(抗コリン成分)は、口の渇きを引き起こすことがありますので、口の渇きが気になる方は、注意が必要です。

 

基本情報

主成分(1日量)

メキタジン:4mg

塩酸プソイドエフェドリン:750mg

dl-メチルエフェドリン塩酸塩:45mg

ベラドンナ総アルカロイド:3.5mg

シンイエキス:24mg

無水カフェイン:110mg

効能・効果

急性鼻炎、アレルギー性鼻炎または副鼻腔炎による次の諸症状の緩和:

くしゃみ、鼻水(鼻汁過多)、鼻づまり、なみだ目、のどの痛み、頭重

用法・用量

成人(15歳以上)、1回3カプセル、1日3回 食後に水又はお湯で服用

最後に一言

鼻炎薬の種類が年々増えてきています。

選択肢が広がったのは良いですが、製品が多くなりすぎてどれがどれだかわからないことも多いかと思います。

製品パッケージの裏には、成分が記載されていますので、状況に合わせて薬を選びましょう。

【成分で選ぶ】おすすめな鼻炎薬の選び方

鼻炎薬の成分早見表     鼻炎薬に入っている成分の解説 抗 ...

続きを見る

参考:ロートアルガード鼻炎内服薬ゴールドZ/ロート製薬

広告記事下




-鼻炎薬, お薬紹介

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.