鼻炎薬 市販薬のコツ

【市販薬のコツ】花粉症の薬で「眠気」や「口の渇き」がでるものを避ける方法

更新日:

花粉症の薬で「眠気」や「口の渇き」がでるものを避ける方をご紹介します。

鼻炎薬に含まれる成分は?

鼻炎内服薬は大きく3つに分ける事ができます。

1:抗ヒスタミン成分の単剤

2:抗ヒスタミン成分+血管収縮成分などの複合剤

3:ケミカルメディエーター遊離抑制成分の単剤

「眠気」や「口の渇き」を引き起こす成分は?

「眠気」を引き起こす可能性がある成分:抗ヒスタミン成分

抗ヒスタミン成分は、アレルギー反応によって放出されるヒスタミンをブロックする事で、鼻水、くしゃみ、目のかゆみなど全般的なアレルギー反応を抑制します。

ヒスタミンは、脳で覚醒にも関わっており、脳で作用を示すと眠気を引き起こす事があります。

 

「口の渇き」を引き起こす可能性がある成分:抗コリン成分

抗コリン成分は、鼻水を分泌させるときに働くアセチルコリンをブロックする事で、鼻水を止めます。

しかし、唾液の分泌も抑制するので口の渇きを引き起こす事があります。

市販薬で含まれている成分には、「ベラドンナ総アルカロイド」「ダツラエキス」があります。

 

「眠気」を避けるには?

「眠気」を避けるには、

1:抗ヒスタミン成分を服用しない

2:比較的眠くなりにくい抗ヒスタミン成分を服用する

といった選択肢があります。

抗ヒスタミン成分が入っていない市販薬

眠気を避けるには、その原因が入っていないものを選ぶのをおすすめします。

ケミカルメディエーター遊離抑制成分:「アレギサール鼻炎」

アレルギー反応を抑制する点鼻薬:「ナザールαAR」「パブロン鼻炎アタック」「コールタイジン点鼻液α」

漢方薬:「小青竜湯」

比較的眠くなりにくい抗ヒスタミン成分

抗ヒスタミン成分では、脳への移行性や、感受性により、眠くなりやすい成分、眠くなりにくい成分があります。

クロルフェニラミンマレイン酸塩より、d-クロルフェニラミンマレイン酸塩の方が比較的眠くなりにくい

第一世代抗ヒスタミン成分より第二世代抗ヒスタミン成分の方が比較的眠くなりにくい

第二世代抗ヒスタミン成分で比較的眠くなりにくい成分は、「フェキソフェナジン塩酸塩(アレグラFX)」次いで「エバスチン(エバステルAL)」「エピナスチン塩酸塩(アレジオン20)」「セチリジン(ストナリニZ)」があります。

市販の第二世代抗ヒスタミン薬リスト(アトピー性皮膚炎診療ガイドラインより、鎮静性情報を引用)

  製品名 用法 主成分
鎮静性 ザジテンAL 1日2回 ケトチフェンフマル酸塩
軽度鎮静性 ストナリニガード 1日2回 メキタジン
スカイナーAL 1日2回 アゼラスチン塩酸塩
ストナリニZ 1日1回 セチリジン
非鎮静性 アレジオン20 1日1回 エピナスチン塩酸塩
エバステルAL 1日1回 エバスチン
アレグラFX 1日2回 フェキソフェナジン塩酸塩
クラリチンEX 1日1回 ロラタジン

ただし、体質によって眠気の頻度は様々ですので、同じ成分でも眠くなる人と眠くならない人がいます。

 

「口の渇き」を避けるには?

「口の渇き」を避けるには、抗コリン成分入っていないものを選ぶことをおすすめします。

1:抗ヒスタミン成分単剤→「アレグラFX」「アレジオン20」など

2:ケミカルメディエーター遊離抑制薬単剤→「アレギサール鼻炎」

3:配合剤→「アネトンアメルディ鼻炎錠」

4:アレルギー反応を抑制する点鼻薬→「ナザールαAR」「コールタイジン点鼻液α」

5:漢方薬→「小青竜湯」

※抗ヒスタミン成分の中には、抗コリン作用も併せ持つものもあります。

頻度はまれですが、抗ヒスタミン薬でも口の渇きが現れる事があります。

 

最後に一言

今回は、副作用を避ける鼻炎薬の選び方をご紹介しました。

どの成分が気になる副作用を引き起こす可能性があるかを知っていれば、避ける事ができます。

あとは、自分の症状にあったしっかり効果が望める薬を探しましょう。

 

広告記事下




-鼻炎薬, 市販薬のコツ

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.