成分で選ぶ 鼻炎薬

【成分で選ぶ】おすすめな鼻炎薬の選び方

更新日:

鼻炎薬に入っている成分の特徴から、薬を選ぶ方法をご紹介します。

鼻炎薬の成分早見表

鼻炎薬に含まれる成分をまとめました。

 

 

鼻炎薬に入っている成分の解説

鼻炎薬の成分を分類してみます。

抗ヒスタミン成分:アレルギー反応で放出されるヒスタミンをブロックすることで、鼻水、くしゃみ、目のかゆみなど全般的なアレルギー反応を抑えます

ケミカルメディエーター遊離抑制成分:ヒスタミンなどのアレルギー反応を誘導する成分の放出を抑え、全般的なアレルギー反応を抑えます

抗コリン成分:鼻水を分泌させるアセチルコリンをブロックすることで鼻水を抑えます

血管収縮成分:アレルギー反応により、拡張された鼻の血管を収縮することにより鼻づまりを改善します。

 

鼻炎薬の基本「抗ヒスタミン成分」

抗ヒスタミン成分は、アレルギー症状全般を抑えてくれます

現在市販されているものでは、抗ヒスタミン成分単味のものが多くあります。

症状が改善されるのであれば、まずはそちらを使用するのをおすすめします

アレグラFX:1日2回(フェキソフェナジン塩酸塩)

エバステルAL:1日1回(エバスチン)

アレジオン20:1日1回(エピナスチン塩酸塩)

ストナリニZ:1日1回(セチリジン)

スカイナーAL:1日2回(アゼラスチン塩酸塩)

ザジテンAL:1日2回(ケトチフェンフマル酸塩)

ストナリニガード:1日2回(メキタジン)

体質によって、効果や副作用の割合は変わってきますので、効き目が悪かったり、眠気の発現などが起きたら、別の薬に変えてみるというもの一つの手です。

 

つらい症状を抑える成分で選ぶ

抗ヒスタミン薬単味では症状が治らない場合は、つらい症状にあった成分が含有されている複合薬をおすすめします。

鼻水がつらい!

鼻水がつらい方は、抗コリン成分が入っているものをおすすめします。

抗コリン成分にはベラドンナ総アルカロイドダツラエキスがあります。

市販薬では、「ストナリニS」「エスタック鼻炎ソフトニスキャップ」などがあります。

鼻づまりがつらい!

鼻づまりがつらい方は、血管収縮成分が入っているものをおすすめします。

血管収縮成分にはプソイドエフェドリン塩酸塩フェニレフリン塩酸塩があります。

市販薬では、「パブロン鼻炎速溶錠」「ストナリニサット」などがあります。

鼻づまりでは、鼻炎スプレーという選択肢もあります。

鼻炎スプレーの鼻づまり改善成分は、「ナファゾリン塩酸塩」「塩酸テトラヒドロゾリン」ですので、それらが入っている薬をオススメします。

市販薬では、「ナザールスプレー」などがあります。

 

副作用が起きにくい成分で選ぶ

鼻炎薬の成分では、眠気や口の渇きの原因となる成分があります。

眠気が気になる

眠気を引き起こす可能性がある成分は「抗ヒスタミン成分」です。

抗ヒスタミン成分でも、眠気が引き起こされる割合に違いがあります。

クロルフェニラミンマレイン酸塩より、d-クロルフェニラミンマレイン酸塩の方が比較的に眠くなりにくく

第一世代より第二世代抗ヒスタミン薬の方が比較的に眠くなりにくいです。

さらに、第二世代抗ヒスタミン薬で比較的に眠くなりにくい市販薬には、「アレグラFX」「クラリチンEX」次いで「アレジオン20」「エバスチンAL」があります。

ただし、体質によって同じ成分でも、眠くなる人と眠くならない人がいます。

 ※ 製品名 用法 主成分
鎮静性 ザジテンAL 1日2回 ケトチフェンフマル酸塩
軽度鎮静性 ストナリニガード 1日2回 メキタジン
スカイナーAL 1日2回 アゼラスチン塩酸塩
ストナリニZ 1日1回 セチリジン
非鎮静性 アレジオン20 1日1回 エピナスチン塩酸塩
エバステルAL 1日1回 エバスチン
アレグラFX 1日2回 フェキソフェナジン塩酸塩
クラリチンEX 1日1回 ロラタジン

※アトピー性皮膚炎診療ガイドラインより、鎮静性情報を引用。

 

眠気が気になる方は、別な作用機序である「アレギサール鼻炎」をおすすめします。

また、アレルギー反応を抑える鼻炎スプレーの「ナザールαAR」や「コールタイジン点鼻液α」を使用するという選択肢もあります。

 

口の渇きが気になる

口の渇きを引き起こす可能性がある成分は「抗コリン成分」です。

ベラドンナ総アルカロイドやダツラエキスがあります。

口の渇きが気になる方は、抗ヒスタミン成分単味の薬をおすすめします。

ただし、抗ヒスタミン薬の中には、抗コリン作用も併せ持つこともありますが、頻度は低いです。

 

最後に一言

鼻炎薬は、市販薬の中でも種類が非常に多くなってきました。

抗ヒスタミン薬も年々医療用からのスイッチOTCが増え、より楽に花粉シーズンを過ごせるようになってきたと思います。

さらに、内服薬、点鼻薬、目薬など症状によって使い分けることもできます。

状況に合わせて、自分にピッタリの探してみましょう!

 

広告記事下




-成分で選ぶ, 鼻炎薬

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.