副作用 市販薬のコツ

【マメ知識】薬のことはこれでわかる添付文書の読み方

更新日:

薬を有効に安全に使用するには、パッケージに添付されている説明文書を読むことが必須です。

添付文書とは?

製品に必ず添付されている、薬を安全に効果的に使用するための情報が記載されている説明書のこと。

市販薬のパッケージ表面にも、使用に必要な最低限の情報は載っていますが、安全に使用する際の重要な詳しい情報は添付されている説明文書に掲載されています

無くしてしまった場合でも、メーカーのHPから見ることができます

先日購入した、ストナアイビージェルS(佐藤製薬)の添付文書を参考に解説します。

 

してはいけないこと

薬を使用する上で、もっとも重要な情報です。

次の人は服用しないでください」→これに当てはまる人は絶対に薬を使用しないでください

服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください」→眠気が起こる可能性のある成分が入っている場合記載されています。

授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください」→授乳中の使用に関する情報はパッケージ又は添付文書に記載されています。

以下、パッケージに掲載されていなかった情報

本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください」→重複する成分や薬の相互作用により、作用が増強、減弱する可能性があります。

服用前後は飲酒しないでください」→アルコールにより、作用の増減、副作用の発現等に関わります。

5日間を超えて服用しないでください」→最長使用期間の目安です。これを超えても治らない場合、別疾患の可能性がありますので、受診をお勧めします。

相談すること

薬を使用する際に、影響のある疾患や状況が記載されています。

こちらに当てはまる方では、使用することで副作用が現れやすかったり、疾患が悪化してしまう可能性がある成分が入っています

こちらはパッケージにも記載されていますので、必ず購入前に確認してください。

副作用

含有されている成分で起こりうる副作用の症状が記載されています。

発現頻度は様々ですが、報告されている副作用が記載されています。

特に、重篤な副作用に関しては状況により治療が必要になりる場合がありますので、直ぐに服用をやめ医師にご相談ください

効能

効果を示す症状が記載されています。

こちらに記載されていない症状には効果がないので、薬を選ぶ際は、今一度チェックしてみましょう。

パッケージにも記載されています。

用法・用量

薬の使用方法が記載されています。

用法用量を守ることが、ベストな薬の使用方法ですので、必ず守りましょう。

成分・分量

含有されている成分・分量が記載されています。

パッケージには記載しきれない各成分の働きが書かれていたりします。

自分にあった薬かどうかは、薬の成分が主に関わります。

次回使用する際の参考にするため、説明文書を取っておくか、品名をメモもしくは、携帯で写真をとっておき、

どの症状が良く治り、眠気などの副作用が起きたかを記録しておくと、より良い薬選びができます。

保管及び取扱い上の注意

薬を保管する方法、品質低下を抑える方法が記載されています。

有益なオマケ情報

製品の説明文書によっては、有益なオマケ情報が載っていたりします。

製品の特徴」:特筆すべき成分や特徴が記載されています。

他の製品には入っていない成分について書かれていることが多いので、その製品のストロングポイントです

早く良くなっていただくためのアドバイス」:風邪を改善するための薬以外の情報が載っていました。こちらは他のメーカーの添付文書には記載されていませんでした。

このような豆知識が載っている場合もあります。

最後に一言

市販薬の添付文書には、薬を安全に効果的に使用できる情報が記載されています。

読み飛ばしてしまうと、副作用が起きやすくなってしまったり、重篤な副作用を見逃してしまいます。

また、内容の情報は、どの成分が自分にあっていたかなどを記録しておくと、より効果的な薬を選べるようになります。

 

 

広告記事下




-副作用, 市販薬のコツ

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.