風邪薬 お薬紹介

【お薬紹介】パブロンメディカルシリーズ&徹底比較!どれを選べばいいのか?

更新日:

「パブロンメディカルシリーズ」「パブロンエースPro」をご紹介します。

記事中広告

スポンサーリンク

パブロンメディカルシリーズ&パブロンエースPro徹底比較

成分比較をしてみます。

それぞれ配合成分が異なりますので自分の症状に合わせて薬を選ぶことができます。

成分 分類 パブロンメディカルT パブロンメディカルC パブロンメディカルN パブロンエースpro
イブプロフェン 解熱鎮痛成分 450mg 450mg 450mg 600mg
グリチルリチン酸二カリウム 抗炎症成分     40mg  
クロルフェニラミンマレイン酸塩 抗ヒスタミン成分 7.5mg 7.5mg   7.5mg
d-クロルフェニラミンマレイン酸塩 抗ヒスタミン成分     3.5mg  
塩酸プソイドエフェドリン 血管収縮成分     135mg  
ジヒドロコデインリン酸塩 咳止め成分 24mg 24mg 24mg 24mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 気管支拡張成分 60mg 60mg   60mg
アンブロキソール塩酸塩 去たん成分 45mg     45mg
L-カルボシステイン 去たん成分 750mg   750mg 750mg
グアイフェネシン 去たん成分   180mg    
リボフラビン(ビタミンB2) ビタミン 12mg 12mg   12mg
オウヒ乾燥エキス末 生薬   72mg(1200mg)    
キキョウ乾燥エキス末 生薬   266.7mg(800mg)    

共通の特徴

パブロンメディカルシリーズ」と「パブロンエースPro」の共通の特徴に、

解熱鎮痛成分「イブプロフェン」と咳止め成分「ジヒドロコデインリン酸塩」を配合しているというところがあります。

イブプロフェン」は、市販の解熱鎮痛成分の中でも解熱鎮痛、抗炎症効果が比較的高いといわれています。

対象年齢は大人(15才)以上で、1日3回服用になっています。

のど症状に?「パブロンメディカルT」

パブロンメディカルT」は、のどがつらいかぜにと大きくパッケージに書いてあります。

ポイント成分は、のどの痛みを直接抑える「イブプロフェン」と二つの去痰成分です。

去痰成分の一つ「L-カルボシステイン」は、炎症を抑えてのどの痛みを改善する作用があります。

特に、たんが絡んでのどが痛いかぜにおすすめです。

分類 成分 パブロンメディカルT
熱・のど 解熱鎮痛成分 イブプロフェン 450mg
抗ヒスタミン成分 クロルフェニラミンマレイン酸塩 7.5mg
せき・たん 咳止め成分 ジヒドロコデインリン酸塩 24mg
気管支拡張成分 dl-メチルエフェドリン塩酸塩 60mg
去たん成分 アンブロキソール塩酸塩 45mg
去たん成分 L-カルボシステイン 750mg
栄養 ビタミン リボフラビン(ビタミンB2) 12mg

のどの痛みがつらい方は、解熱鎮痛成分イブプロフェン」と、のどの炎症をとる成分トラネキサム酸」を配合している市販薬もありますので、そちらもおすすめです。

 

せき症状に?「パブロンメディカルC」

パブロンメディカルC」は、せきがつらいかぜにと大きくパッケージに書いてあります。

ポイント成分は、たん症状を改善すると二つの生薬成分です。

また、「dl-メチルエフェドリン塩酸塩」が気管支を広げ呼吸を楽にしてくれます。

特に、たんを伴うせきかぜにおすすめです。

分類 成分 パブロンメディカルC
熱・のど 解熱鎮痛成分 イブプロフェン 450mg
抗ヒスタミン成分 クロルフェニラミンマレイン酸塩 7.5mg
せき・たん 咳止め成分 ジヒドロコデインリン酸塩 24mg
気管支拡張成分 dl-メチルエフェドリン塩酸塩 60mg
去たん成分 グアイフェネシン 180mg
生薬 オウヒ乾燥エキス末 72mg(1200mg)
生薬 キキョウ乾燥エキス末 266.7mg(800mg)
栄養 ビタミン リボフラビン(ビタミンB2) 12mg

咳がつらい方は、咳止め成分ジヒドロコデインリン酸塩」「ノスカピン」を2つ配合している市販薬もありますので、そちらもおすすめです。

 

鼻症状に?「パブロンメディカルN」

パブロンメディカルN」は、はながつらいかぜにと大きくパッケージに書いてあります。

ポイント成分は、のどの痛みを直接抑える「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩」と「グリチルリチン酸二カリウム」と「塩酸プソイドエフェドリン」です。

d-クロルフェニラミンマレイン酸塩」は、他の2種類に含まれている「クロルフェニラミンマレイン酸塩」と異なり、比較的眠気が少ない成分です。

特徴的なのが、「塩酸プソイドエフェドリン」で、鼻づまりによく効く成分です。

銀のベンザくらいにしか含まれていない特徴的な成分です。 

特に、鼻づまりがつらいかぜにおすすめです。

分類 成分 パブロンメディカルN
熱・のど 解熱鎮痛成分 イブプロフェン 450mg
抗ヒスタミン成分 d-クロルフェニラミンマレイン酸塩 3.5mg
抗炎症成分 グリチルリチン酸二カリウム 40mg
血管収縮成分 塩酸プソイドエフェドリン 135mg
せき・たん 咳止め成分 ジヒドロコデインリン酸塩 24mg
  去たん成分 L-カルボシステイン 750mg

鼻水がつらい方は、抗ヒスタミン成分とともに、抗コリン成分「ベラドンナ総アルカロイド」「ヨウ化イソプロパミド」を両方含む市販薬もありますので、そちらもおすすめです。

 

パブロンエースPro特徴解説

パブロンエースPro」の1番の特徴は、イブプロフェン」1日量が600mgということです。

頭痛薬として市販されている、イブプロフェン単剤のものと同量が含まれています。

また、「L-カルボシステイン」がたんを溶かし、炎症を抑えてくれます

特に、発熱や頭痛がつらいかぜにおすすめです。

成分 分類 パブロンエースAX パブロンエースPro
イブプロフェン 解熱鎮痛成分 450mg 600mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 抗ヒスタミン成分 7.5mg 7.5mg
アンブロキソール塩酸塩 去たん成分 45mg 45mg
L-カルボシステイン 去たん成分   750mg
ジヒドロコデインリン酸塩 咳止め成分 24mg 24mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 気管支拡張成分 60mg 60mg
無水カフェイン 頭痛改善成分 75mg  
チアミン硝化物(ビタミンB1硝酸塩) ビタミン 24mg  
リボフラビン(ビタミンB2) ビタミン 12mg 12mg
アスコルビン酸(ビタミンC) ビタミン 500mg  

最後に一言

市販の風邪薬はほとんどが総合感冒薬で「熱、のど、鼻、せき、たん」全てに効能があります。

その中でも、どの症状によく効くのかは成分によって様々です。

また、パッケージに大きく書いていても効果は人によって様々です。

自分に症状にあった成分のものを探して使用することをおすすめします。

【成分で選ぶ】おすすめな風邪薬の選び方

風邪薬の基本成分 発熱、頭痛を止める成分:アセトアミノフェン、イブプロフェンなど ...

続きを見る

参考:大正製薬/パブロンメディカルシリーズ

大正製薬/パブロンエースPro

広告記事下




-風邪薬, お薬紹介

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.