副作用 市販薬のコツ 鎮痛薬

【マメ知識】頭痛薬の使いすぎに注意!薬物乱用頭痛とは?

更新日:

頭痛薬を乱用すると起こる「薬物乱用頭痛」について簡単に解説します。

記事中広告

スポンサーリンク

薬物乱用頭痛とは?

鎮痛薬を乱用することにより、さらに頭痛が出現、または著明に頭痛が悪化してしまう状態のことです。

1ヶ月に頭痛が15日以上でる
3ヶ月以上薬物を定期的に使用
(複合鎮痛薬を10日以上、単一成分鎮痛薬を15日以上)

上記に当てはまる方は、薬物乱用頭痛の可能性があります。

 

薬物乱用頭痛を防ぐには?

薬物乱用頭痛を防ぐには、用法用量を守るのが1番!

1、頭痛薬を使用する場合は、添付文書記載の1日の最大服用回数、服用間隔を守ることが重要です。

2、予防に頭痛薬を使用しない

頭痛を頻繁に起こす方は、早めに服用したいとは思いますが、薬の効果持続時間には限界があります。

途中で効果が切れてしまい多く薬を飲まなければいけなくなってしまいます。

3、単一成分の薬を使用する。

 

最後に一言

頭痛薬は、あくまでも症状を抑えるのみで、原因を改善するわけではありません

脳出血、脳腫瘍など原因疾患がある場合は、病院に行かなければなりません。

突発性のものすごくひどい頭痛では必ず病院に、慢性的な頭痛でお悩みの方は、一度医師に相談することをおすすめします。

 

広告記事下




-副作用, 市販薬のコツ, 鎮痛薬

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.