発毛 お薬紹介

【薬剤師が解説】どれがいいのか徹底比較「リアップX5」「スカルプDメディカルミノキ5」「リグロEX5」

更新日:

医薬品の発毛剤はリアップの独壇場でしたが、続々と新たな発毛剤が発売になりました。それら違いと、どれが良いのかをご紹介します。

記事中広告

スポンサーリンク

「ミノキシジル5%」配合発毛剤

リアップと同成分「ミノキシジル」を配合した市販薬をご紹介します。

「リアップX5プラス」のみ「ミノキシジル5%」に加え、頭皮環境を整える成分がプラス配合されていますが、新たに発売された製品は、どれも「ミノキシジル5%」のみ配合です。

メーカー 大正製薬 大正製薬 アンファー ロート製薬
製品名 リアップX5プラス リアップX5 スカルプD
メディカルミノキ
リグロEX5
ミノキシジル濃度 5% 5% 5% 5%
ピリドキシン塩酸塩 0.05% - - -
トコフェロール酢酸エステル 0.08% - - -
l-メントール 0.3% - - -

その他にも、ミノアップ(東亜薬品)、ミノキシジルローション5%「JG」(日本ジェネリック:日本調剤)、ミノファイブ(小林薬品工業)、ミノゲイン(ノーエチ薬品)なども「ミノキシジル5%」の製品で、リアップX5と同じ有効成分のものが発売されています。

各製品何が違うのか?

各製品の違いを簡単にご紹介します。

配合成分が唯一違う「リアップX5プラス」

ミノキシジル5%配合製品で、唯一「リアップX5プラス」のみ、有効成分が多く配合されています。

ピリドキシン塩酸塩:皮脂の過剰な分泌を防ぐ

トコフェロール酢酸エステル:皮脂の酸化を防ぐ

l-メントール:清涼成分で頭皮のかゆみを抑える

「リアップX5プラス」は、発毛成分だけではなく、頭皮の環境を整える成分も配合されていますので、頭皮が脂っぽい方や、かゆみが少し気になる方にオススメです。

容器の違い

「ミノキシジル5%」配合市販薬には、使われている容器の種類が3種類あります。

各製品の使い方は、1mLを容器で塗り広げる必要があるため、使用感は重要です。

Aタイプ、Bタイプ:キャップを閉めるだけで、薬液が充填されてすぐに塗れる

Cタイプ:容器横の絞りを何度かスライドさせて薬液を測ってから使わなければならないため、手間が多くかかる

「ミノキシジル」製品は、使い続けなければならないため、続けやすいものがオススメです。

出典:リアップX5添付文書、スカルプDメディカルミノキ添付文書、ミノアップHP

Bタイプは、先端が他の製品に比べ、広くなっているため塗り広げやすいことも特徴です。

価格の違い

長く続けなければならないお薬のため、値段も気になるところです。
ミノキシジル5%+他の成分も配合製品 価格(8%税込)
7000円代 リアップX5プラス 7611円
ミノキシジル5%のみ配合製品 価格(8%税込)
7000円代 スカルプDメディカルミノキ 7800円
ミノアップ 7611円
リグロEX5 7560円
ミノキシジルローション「JG」 7560円
6000円代 リアップX5(ネット限定) 6458円
5000円代 ミノファイブ 5378円
ミノゲイン 5378円

「ミノキシジル5% 」のみ配合の製品で最安値なのは、「ミノファイブ」と「ミノゲイン」です。

どちらも、ドラッグストアのPB(プライベートブランド)のため、ドラッグストアでの限定販売となっています。

ミノファイブが買えるドラッグストア
ツルハドラッグ、ウエルシア薬局、イオン、クスリのアオキ、くすりの福太郎、ウェルパーク、ハックドラッグ、ドラッグストアウェルネス、杏林堂、ウォンツ、レディ薬局、B &Dドラッグストア、マルエドラッグ、ザグザグ、ダイエー、シミズ薬品、ダックス、ハッピードラッグ、メディカル一光、マックスバリュ、ザ・ビッグ
ミノゲインが買えるドラッグストア
サンドラッグ、ドラッグトップス、ダイレックス、大屋(mac)

※ただし、第1類医薬品のため、薬剤師のいる店舗でしか購入できません。

最後に一言

「ミノキシジル」を配合した製品が続々登場し、容器や価格の選択肢が増えました。

ミノキシジルによる発毛効果は、継続しなければ発揮しないため、使いやすい製品を選びましょう。

広告記事下




-発毛, お薬紹介

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2019 All Rights Reserved.