市販薬のコツ

【マメ知識】市販薬にもジェネリック医薬品がある!?

更新日:

市販薬でのジェネリック医薬品についてご紹介します。

記事中広告

スポンサーリンク

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは、一般的に医療用医薬品の用語です。

医療用医薬品では、新薬のことを先発医薬品

特許が切れて先発医薬品を製造していたメーカー以外の企業が製造販売をする医薬品のことを後発医薬品(ジェネリック医薬品)といいます。

先発医薬品とジェネリック医薬品では、効果を示す「主成分」は、同じですが添加物などの他の部分に関しては異なります。

先発医薬品とジェネリック医薬品の大きな違いの一つに薬価(値段)があります。

医療用医薬品の価格は、国が設定しているのですが、ジェネリック医薬品にすると、3割〜5割ほど値段が安くなります

国でジェネリック医薬品を推奨しているのは、医薬品に対する費用を減らし、国民医療費を削減するためです。

市販薬にもジェネリック医薬品があるのか?

市販薬でも、成分が同じジェネリック医薬品はあります。

市販薬は通常、医療用医薬品として長くの使用成績の結果、安全性が確かめられているものが販売されます

医療用医薬品と比べると、市販薬は全てジェネリック医薬品(後発医薬品)になってしまいますが、

市販薬での新発売したものを先発医薬品と扱い、ジェネリック医薬品を定義していきます。

市販薬でいうジェネリック医薬品とは?

明確な市販薬のジェネリック医薬品という定義はありません。

市販薬の先発医薬品とは、

医療用医薬品と同じ名前のもの(または、医療用医薬品と同じ工場で作られているもの)

初めて発売される配合パターンの医薬品

市販薬のジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、

先発医薬品と同じ成分(配合パターン)を含む製品

どちらがよく効くのか?

どちらがよく効くかは使ってみなければわかりません。

効果を示す主成分は同様ですので、効果も同様に出ると考えられます。

しかし、添加物や基剤などは同一ではありませんので、吸収の違いや体質によっては効果や副作用が異なる場合があります。

すべての市販薬であるのか?

医療用医薬品では、特許が切れるとジェネリック医薬品がほぼ必ず出ますが、市販薬はそうではありません。

市販薬では、成分よりもCMなどのブランド名で購入される方がほとんどです。

そこで、主成分が同じジェネリック医薬品を発売しても、販売名が異なるため売れません。

ですので、薄利多売を市販薬のジェネリック医薬品では行いにくいため、販売されている種類は少ないのが現状です。

どのくらい安いのか?

価格の違いは製品によって様々ですが、医療用に比べて劇的に安いといったものは少ないです。

市販薬は、医療用医薬品と異なり、価格は店舗で決められています

同じ成分を販売するメーカーもたくさんあるため、薄利多売ができません。

そのため、多少ジェネリック医薬品の方が安いですが、比較的値段の差は少ないです

安いものもありますので、値段が高いと思われる方は、同じ主成分のものを探してみましょう。

 

最後に一言

ジェネリック医薬品は、長く使用する場合、差額が大きくお得になります

しかし、市販薬を長期に使用してしまうと、思ってもみなかった重大な疾患が隠されてしまいます。

長期的に薬を服用する場合は、保険で薬を購入する方が安くなるため、医師に受診することをおすすめします。

また、添加物などの違いもありますので、自分にあっているお薬であれば、先発品を使うことをおすすめします

反対に、先発医薬品もジェネリック医薬品もどちらも使用したことがないのであれば、どちらを使用しても変わりません

薬は価格で選ばず自分にあったものを選ぶことをおすすめします

広告記事下




-市販薬のコツ

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.