成分で選ぶ 便秘薬

【成分で選ぶ】おすすめな便秘薬の選び方

更新日:

便秘薬に入っている成分の特徴から、薬を選ぶ方法をご紹介します。

便秘薬の成分早見表

便秘薬に含まれる成分をまとめました。

記事中広告

スポンサーリンク

便秘薬成分の種類

便秘薬の成分を簡単に解説します。

市販の便秘薬成分には、「大腸刺激成分」「浸潤性成分」「塩類成分」「直腸刺激成分(坐薬、浣腸)」があります。

大腸刺激成分

大腸刺激成分は、大腸を刺激し、蠕動運動を促すことで便を出させます。

腸の動きが鈍っていることが原因の便秘の方は、大腸刺激成分が入っている市販薬がおすすめです。

成分では、「ピコスルファートナトリウム」「ビサコジル」や生薬成分の「センナ」「ダイオウ」「アロエ」があります。

刺激性成分では、大腸以外を刺激してしまうと、「腹痛」を引き起こしてしまうことがあります。

上記成分の中では、「ビサコジル」含有の市販薬は比較的腹痛を起こしやすい部類になります。

医療用でも用いられているピコスルファート含有の市販薬には「ピコラックス」などがあります。

塩類成分

塩類成分である「酸化マグネシウム」は、浸透圧作用により体内の水分を腸内へ引き出します。

便に水分を与え大きくすることで、自然なお通じを促します。

直接腸を刺激をする成分ではないので、便秘薬でお腹が痛くなりやすい方におすすめです

市販薬では、「酸化マグネシウムE便秘薬」があります。

浸潤性成分

浸潤性成分は、硬くなってしまった便に水分を浸潤させ柔らかくする作用があります。

便が硬く、力んでも便が中々出てこない方には、浸潤性成分の「ジオクチルソジウムスルホサクシネート(DSS)」が入っている便秘薬がおすすめです。

DSSが配合された市販薬には、「オイルデル」などがあります。

膨張性成分

膨張性成分は、水分を吸収し膨らむことで便を形成します。

食物繊維不足やダイエットなどで便の量が少ないような方には、食物繊維の「プランタゴオバタ」が入っている便秘薬がおすすめです。

「プランタゴオバタ」のみ含有の市販薬には、「ベストールファイバー」があります。

漢方薬

便秘に効く漢方薬には、「大黄甘草湯」などがあります。

「大黄甘草湯」は、刺激性の便秘成分の「ダイオウ」と刺激成分による腹痛や排便時の痛みを和らげる「カンゾウ」のシンプルな処方の漢方薬です。

市販薬では、「タケダ漢方便秘薬」があります。

 

浣腸、坐薬成分

浣腸、坐薬は、直腸に刺激を与えることで、便意を催します。

主に浣腸では、「グリセリン」を注入することで、刺激を与えます。

市販薬「ミニカS」はグリセリンに加え、便から水分を引き出す「クエン酸ナトリウム水和物」や「D-ソルビトール液」が入っています。

坐薬には、「炭酸水素ナトリウム」「無水リン酸二水素ナトリウム」が入っており、直腸で炭酸ガスを発生することにより、刺激を与えます。

市販薬では、「コーラック坐薬タイプ」があります。

 

最後に一言

市販の便秘薬には、様々な種類があります。

刺激性の便秘薬のみを選んでしまいがちですが、

自分の便秘は、腸の動きが悪いから出ないのか、便の大きさが小さいのか、便が硬いのかなど

状況に合わせて選ぶことをお勧めします。

広告記事下




-成分で選ぶ, 便秘薬

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.