市販薬のコツ

【市販薬のコツ】いつ飲めば良いのか「食前」「食間」「食後」の正確なタイミング

更新日:

意外と知られていない、「食前」「食間」「食後」の正確なタイミングを解説します。

記事中広告

スポンサーリンク

薬を服用する「食前」「食後」「食間」などはいつ?

薬を飲むタイミングを一覧でご紹介します。

「食前」:食事をする1時間〜30分前。

「食後」:食事をした後30分以内。

「食間」:食事と食事の間。食事をした後の2時間後くらいが目安です。

「就寝前」:寝る30分前くらい。

「頓服(とんぷく)」:症状が発生しているタイミング。

二回目を服用する場合は、4時間後など適切な時間を空けてから服用してください。

どのくらい空けなければならないかは、市販薬のパッケージに入っている添付文書に記載されています。

市販薬では、通常「症状があらわれたとき」と記載されています。

なぜ薬を飲むタイミングが分かれているのか?

最も効果が高く安全に服用できるタイミングが、用法に記載されている時間です。

理由として、以下のようなことが挙げられます。

最も効果を発現させたい時間

最も効果を望むタイミングで服用するものもあります。

睡眠補助薬は、睡眠導入時に作用を発現させたいため、就寝前に服用します。

胃薬では、胃酸による胃痛が発現しやすい空腹時に作用を発現させたいため、食間服用にするものがあります。

胃への負担を避ける

解熱鎮痛薬は、胃粘膜保護を抑え、胃に負担をかけてしまう副作用が発生することがあります。

胃の負担を抑えるため、食後などの空腹時を避けるタイミングが設定されています。

食事による吸収の変化

食事によって、胃腸の動きが活発になったり、胃酸の分泌が促進されたり様々な活動が起こります。

食後だと腸への移動が遅くなったり、食べたものにくっついてしまい、吸収が悪くなってしまう場合があります。

逆に、脂溶性のお薬は、食事よって腸に分泌される胆汁酸と複合体を形成し吸収がよくなったりもします

成分の特徴で食後の方が吸収の良いもの食前の方が吸収が良いものがあるため、服用タイミングが設定されているケースもあります。

臨床試験での結果

薬が販売される前に行う、臨床試験があります。

以上のような理由が不明な場合でも、

臨床試験の結果、最も効果と安全生が高かった服用時間が用法として決められている場合もあります。

 

もし、服用タイミングで市販薬を飲み忘れてしまった場合

もし、市販薬を飲み忘れてしまった場合、次のタイミングから服用を再開しましょう。

2回分をまとめて服用してはいけません

【薬の疑問】薬は2倍量飲めば、効果は2倍になるのか?

薬は2倍量飲めば、効果は2倍になるのか? 薬はどのようにして効くのか? 体の機能 ...

続きを見る

最後に一言

薬は、服用するタイミングを間違えてしまうと、

効果が弱まってしまったり、副作用が現れやすくなってしまいます

添付文書に記載されている薬の用法は、最も効果が高く、安全に使用できるベストなタイミングです

広告記事下




-市販薬のコツ

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.