風邪薬 成分で選ぶ おすすめ市販薬

【薬剤師が選ぶ】最新2019年度版!おすすめ風邪薬

投稿日:

2019年版のおすすめ風邪薬ランキングをご紹介します。

風邪薬は、一般的にすべての症状に効く成分が入っていますが、1つの症状に対して複数成分入っているものは意外と少ないものです。

症状別や全症状がつらい時におすすめな風邪薬を、配合成分の種類と数で選びました

記事中広告

スポンサーリンク

「熱・のど痛」がつらいときにおすすめ!

発熱・のど痛におすすめな風邪薬は、「イブプロフェン」と「トラネキサム酸」配合の風邪薬です。
製品 コルゲンコーワTXα ルルアタックEX
イブプロフェン 200mg 150mg
トラネキサム酸 250mg 250mg
特徴 イブプロフェン量最大 カフェインが入っていない

 

コルゲンコーワIB錠TXα」は、1回量で「イブプロフェン」200mg配合した強化処方になっています。この組み合わせの処方は他にありません。

ルルアタックEX」は、カフェインが配合されていませんので、しっかり眠って風邪を治したい方におすすめです。

「鼻症状」がつらいときにおすすめ!

鼻水におすすめな風邪薬は、「ベラドンナ総アルカロイド」もしくは「ヨウ化イソプロパミド」配合の風邪薬です。

鼻水がつらい方と鼻づまりがつらい方用に2種類風邪薬を選びましたが、

なんと両方ともベンザブロックシリーズになりました。

おすすめ症状 鼻水 鼻づまり
製品 ベンザブロックSプラス ベンザブロックLプラス
鼻症状全般 d-クロルフェニラミンマレイン酸塩 d-クロルフェニラミンマレイン酸塩
鼻水 ヨウ化イソプロパミド なし
鼻づまり なし プソイドエフェドリン塩酸塩

ベンザブロックSプラス」は、鼻水に効果的な「ヨウ化イソプロパミド」を配合していますので、特に鼻水がつらい方におすすめです。

ベンザブロックLプラス」は、鼻づまりに効果的な「プソイドエフェドリン塩酸塩」を配合していますので、特に鼻づまりがつらい方におすすめです。

「せきやたん」つらいときにおすすめ!

せきにおすすめな風邪薬は、「ジヒドロコデインリン酸塩」「ノスカピン」配合の風邪薬です。
おすすめ症状 せき せき・たん両方
製品 ジキニンファースト顆粒N ストナプラスジェルS
鎮咳成分 ジヒドロコデインリン酸塩+ノスカピン
去たん成分 なし 2種配合

ジキニンファースト顆粒N」は、2018年に新発売となりました。せきに効く成分が2種配合されています。

眠気の原因になる抗ヒスタミン成分は、比較的に眠くなりにくい「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩」を配合しているところも良いポイントです。

ストナプラスジェルS」は、せきやたんに効く成分が5種配合されていますので、とにかくせき・たんをなんとかしたい方におすすめな風邪薬です。

「全部」つらいときにおすすめ!

発熱、のど痛、鼻水、鼻づまり、せき、たん全ての症状がつらい方におすすめな風邪薬を選びました。

各症状に対する成分数が多いものを選びました。

製品 新ルルAゴールドDX 新ルルAゴールドs
のど
鼻水
せき

新ルルAゴールドDX」は、のど痛と鼻水を止める成分が多く入っていますが、せきに対する成分は1少ないです。

新ルルAゴールドs」は、のど痛に対する成分は1つ少なく、鼻水、せきに対する成分は多く入っています

最後に一言

風邪薬は、症状を抑える対症療法で、ウイルスをやっつけて早く治す薬ではありません。

風邪を早く治すには、薬だけで対処するのではなく、
しっかり休息を取りましょう。

広告記事下




-風邪薬, 成分で選ぶ, おすすめ市販薬

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2019 All Rights Reserved.