風邪薬 鼻炎薬 市販薬のコツ

【市販薬のコツ】風邪?花粉症?見極めて上手に市販薬を選ぶ!

更新日:

風邪なのか花粉症なのかで選ぶ薬は変わってきます。

その見極め方とおすすめな市販薬をご紹介します。

記事中広告

スポンサーリンク

風邪と花粉症の違い

風邪と花粉症では、生じる症状が異なります。
症状 風邪 花粉症
鼻水 粘性 サラサラ
くしゃみ
目のかゆみ ×
発熱 ×
頭痛 ×
のど ○(痛み) △(むずむず)
せき ×
寒気 ×

風邪:様々な症状を起こす事がある

花粉症:くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが主症状

このような違いは、原因の違いによります。

風邪による症状

風邪=ウイルスが原因

風邪による症状は、ウイルスを排除する反応です。

鼻水やくしゃみなどの症状は、花粉症と同様ですが、

発熱、のど痛、咳などによりウイルスへの防御反応が特徴です。

花粉症による症状

花粉症=花粉によるアレルギー反応が原因

花粉症の症状は、花粉に対するアレルギー反応です。

花粉は増殖する事がないため、

くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみといった

花粉からの暴露を防ぐ、対外へ排出する反応が生じます。

風邪薬と鼻炎薬は入っている種類の数が違う

風邪=症状がおおい、花粉症=症状が少ない

そのため、風邪薬=成分が多い花粉症(鼻炎薬)=成分が少ないといった特徴があります。

  風邪薬成分 鼻炎薬成分
鼻水・くしゃみ・鼻づまり改善成分
鼻水改善成分
鼻づまり改善成分
解熱鎮痛成分 ×
咳止め成分 ×
去痰成分 ×

※○:必ず配合、△:種類によって配合、×:未配合

風邪薬も花粉症の薬も働きはほとんど同じです。

各成分がそれぞれ症状を改善する働きをするものですので、

自分の症状に合ったものを選びましょう。

簡単な選び方

鼻症状のみの時=鼻炎薬

鼻症状+発熱、咳、のど痛=風邪薬

総合的な症状を改善したい方におすすめな風邪薬は、「新ルルAゴールドDX」です。

風邪薬にも配合成分が様々ですが、多くの症状に多くの成分が入っているのが特徴です。

つらい花粉症におすすめな鼻炎薬は、「ロートアルガード鼻炎内服薬ゴールドZ」です。

鼻水・鼻づまりに効果的な多くの成分が配合されており、比較的眠気の少ない製品ですので、おすすめです。

最後に一言

シーズンの切り替わりの時期には、

風邪か花粉症か分かりにくい事があります。

鼻水だけなのか、他に症状を改善したいものがあるかで自分に適した薬を選ぶ事がおすすめです。

 

広告記事下




-風邪薬, 鼻炎薬, 市販薬のコツ

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.