おすすめ市販薬 目薬

【おすすめ市販薬】花粉を浴びても「目のかゆみ」が生じなくなる目薬!?

更新日:

花粉シーズンにピッタリな目のかゆみを抑える目薬をご紹介します。

記事中広告

スポンサーリンク

目のかゆみに効く目薬は2種類

目のかゆみが起こるメカニズム

花粉による目のかゆみのメカニズムを簡単に紹介します。

花粉が異物として体内で認識される

②肥満細胞が異物に対する防御反応として、「ヒスタミン」を放出する

③「ヒスタミン」が受容体という症状を引き起こすスイッチをおす

目のかゆみなどの症状が起きる

といった流れで症状が発生します。

ポイントは、このヒスタミンという物質で、

こいつが受容体というスイッチを押すと目のかゆみなどの症状を引き起こします。

目のかゆみに効く薬の種類

目のかゆみを抑える方法は2種類あります。

ヒスタミンの放出を抑える(抗アレルギー作用)

抗アレルギー作用は、ヒスタミンの放出を抑えるため花粉を浴びても症状が起きにくくなります

ヒスタミンがスイッチを押すのを抑える(抗ヒスタミン作用)

抗ヒスタミン作用は、症状の直前を抑えるので、花粉を浴びるとヒスタミンは放出されます。

出てしまったヒスタミンには、すぐ効くので即効性は抗ヒスタミン作用の方があります。

花粉症におすすめな目薬

毎年目のかゆみに悩まされている方は、抗アレルギータイプの目薬を早めに使用することがおすすめです。

抗アレルギー作用を持つ目薬に「ノアールPガード」があります。

抗アレルギータイプの目薬ですので、花粉による反応を抑え、花粉を浴びても症状が起きにくくなります

ノアールPガード」は、抗アレルギー目薬唯一の1日2回タイプの目薬です。

抗アレルギータイプの目薬は、継続使用することでより症状が起きにくくなりますので、使い勝手が重要です。

いつから使い始めれば良いのか?

花粉飛散の1〜2週間前が目安です。

毎年花粉は、2月上旬に飛び始めますので2月になったら早めに使い始めることをおすすめします。

目のマスクとして、早めに使用しましょう。

症状が出てしまったら効かないのか?

症状が出てからでも効果はあります。

10分前使用でもヒスタミンの放出を抑制します。

ただし、抗ヒスタミン薬に比べて徐々に効くタイプの薬ですので、しっかり継続して使用することをおすすめします。

最後に一言

花粉症に対する市販薬は、どんどん便利なものが増えています。

毎年花粉症でつらい思いをしている方には、市販薬で症状を軽減し、

楽にシーズンを過ごせるようになってきました。

自分にピッタリの薬が薬局やドラッグストアなどにありますので、

気になる事があれば、店員に相談してみましょう。

広告記事下




-おすすめ市販薬, 目薬

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.