鼻炎薬 市販薬のコツ

【市販薬のコツ】花粉症には、3つの飲み薬を使い分ける

更新日:

花粉症に使える市販薬には、いくつか種類があります。

花粉症のメカニズムとおすすめな市販薬をご紹介します。

記事中広告

スポンサーリンク

花粉症のメカニズム

自分に合った薬を選ぶには、花粉症のメカニズムを知る事が重要です。

花粉症では、花粉が体に入ると、

①肥満細胞というものが、花粉を認識し、「ヒスタミン」などの伝達物質を放出

「ヒスタミン」が受容体というスイッチを押し、鼻水・鼻づまり・くしゃみといった防御反応を引き起こします

花粉症に効く薬の効き方

花粉症に対する飲み薬には、3種類があります。

①肥満細胞の働きを抑え、「ヒスタミン」の放出を抑えるもの

「ヒスタミン」がスイッチを押すのを抑えるもの

③「②タイプ」の成分と症状を直接抑えるものの配合剤

①タイプは、花粉症の反応を抑えるので、早めに使用していると花粉が飛んでいるシーズンでも、症状が発生しにくくなります

一方、花粉が飛んでしまっているときには、効果が現れにくいというデメリットもあります。

②タイプは、花粉によって放出されたヒスタミンをブロックするタイプなので、比較的効果が現れやすいです。

ただし、鼻炎薬の眠気の原因となる成分でもあります。

②タイプに含まれる成分と、①タイプに含まれる同じ作用を示す成分は、種類が異なり、②タイプの単剤のものの方は、眠気が生じにくいという特徴があります。

③タイプは、②タイプに含まれる作用を示す成分に加え、鼻づまりや鼻水を直接的に止める成分が配合されているため、即効性が高いです。

ただし、口の渇きの原因となる成分でもあるので、口の渇きが気になる方は注意が必要です。

  即効性 眠気
①タイプ
②タイプ
③タイプ

 

花粉時期で使うおすすめ市販薬

それぞれのタイプの市販薬をご紹介します。
①タイプ アレギサール鼻炎薬
②タイプ アレグラFX、アレジオン20
③タイプ パブロン鼻炎内服薬Sα、ストナリニS 

①タイプ

毎年花粉に悩まされている方には、①タイプがおすすめです。

花粉飛散の1〜2週間前から服用し続ける事で、花粉があるシーズンでも症状の発生を抑えることができます。

毎年、2月上旬から花粉が飛び始めますので、1月の下旬か2月になったら服用し始めることがおすすめです。

デメリットとしては、早い時期から飲み続けなければならないということです。

ただし、眠くなる成分が不使用ですので、眠気が気になる方つらい花粉シーズンを楽に過ごしたい方におすすめです。

②タイプ

花粉の症状が軽く現れた時点では、②タイプがおすすめです。

症状が現れてしまったら、①のタイプでは効き目が出るのに時間がかかるので、②のタイプがおすすめです。

③タイプに比べ、眠気が少ない成分のため、症状が軽い場合は、②タイプの使用をおすすめします。

また、①タイプのように、花粉症の症状の発生を抑える働きもあるので、シーズン中は飲み続けることをおすすめします。

③タイプ

鼻水・鼻づまりをすぐに止めたい場合は③タイプがおすすめです。

とにかく症状を直ぐに止めたい方は、即効性のある3タイプがおすすめです。

ただし、眠気や口の渇きが他のタイプに比べ生じやすいというデメリットもあります。

また、緑内障、排尿困難、糖尿病、甲状腺機能障害、心臓病、高血圧の方は使用ができません

3タイプの使い分け

  使い始め 症状 メリット・デメリット
①タイプ 花粉飛散前 発生前 眠気がない
②タイプ シーズン初期 軽度 眠気が少ない
③タイプ ピーク時 重度 即効性に優れている、眠気・口の渇きが生じることがある

最後に一言

花粉症の市販薬では、中の成分によって効き目、使用するおすすめなタイミングは様々です。

自分の状況に合わせてぴったりのお薬を探すことをおすすめします。

わからないことがあれば、ドラッグストアや薬局の店員へ相談して、

自分に合ったお薬を探しましょう。

広告記事下




-鼻炎薬, 市販薬のコツ

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.