薬の疑問 副作用 鼻炎薬

【薬の疑問】薬で集中力や判断力が落ちる?インペアードパフォーマンスとは?

更新日:

薬によって引き起こされる事がある、インペアードパフォーマンス(鈍脳)についてご紹介します。

インペアードパフォーマンス(鈍脳)とは?

インペアードパフォーマンス(鈍脳)とは、薬に含まれる抗ヒスタミン成分が、脳の機能を抑制し「集中力」「判断力」「作業能率などを抑えてしまう事です。

 

インペアードパフォーマンスはなぜ起こるのか?

インペーアードパフォーマンスは、抗ヒスタミン薬によって引き起こされます。

ヒスタミンは体内で脳の覚醒、鼻水やかゆみなどアレルギー反応を誘導します。

それらの反応をブロックする事で、抗ヒスタミン薬は、「睡眠薬」「鼻炎薬」「かゆみ止め」などに使用されています。

通常、薬は作用部位に選択的に作用するのですが、脳で作用してしまうと、脳の覚醒が抑制され、眠気や集中力の低下などの機能の低下が起こってしまいます

どのような薬で起こるのか?

インペアードパフォーマンスの原因となる抗ヒスタミン成分は、「鼻炎薬」、「風邪薬」、「かゆみ止め」、「睡眠薬」「酔い止め」に含まれています。

中枢抑制作用のある成分が入っているかは、パッケージ裏の注意部分に、

服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください」との表記があるかどうかでわかります。

抗ヒスタミン成分以外にも、

鎮痛薬に含まれる「アリルイソプロピルアセチル尿素」「ブロムバレリル尿素」

咳止めに含まれる「ジヒドロコデイン塩酸塩」「リン酸コデイン塩酸塩」も中枢抑制作用がありますので、同じ表記がされています。

 

 

抗ヒスタミン成分はどれ?

抗ヒスタミン成分は主に以下のようなものがあります。

第一世代抗ヒスタミン薬

ジフェンヒドラミン塩酸塩:かゆみ止め、睡眠薬

クロルフェニラミンマレイン酸塩:風邪薬、鼻炎薬、かゆみ止め、酔い止め

d-クロルフェニラミンマレイン酸塩:風邪薬、鼻炎薬

マレイン酸カルビノキサミン:風邪薬、鼻炎薬

クレマスチンフマル酸塩:風邪薬

ジフェニルピラリン塩酸塩:風邪薬

マレイン酸フェニラミン:酔い止め

塩酸メクリジン:酔い止め

第二世代抗ヒスタミン薬

メキタジン:風邪薬、鼻炎薬

ケトチフェンフマル酸塩:鼻炎薬

アゼラスチン塩酸塩:鼻炎薬

セチリジン:鼻炎薬

エピナスチン塩酸塩:鼻炎薬

エバスチン:鼻炎薬

フェキソフェナジン塩酸塩:鼻炎薬

 

インペアードパフォーマンスを起こさないためには

インペアードパフォーマンスを起こさないためには、

1:抗ヒスタミン成分が含まれていない薬を選ぶ

2:中枢移行性が少ない抗ヒスタミン成分の製品を使う

といった選択肢があります。

鼻炎薬

鼻炎薬で抗ヒスタミン成分が入っていないものには、

ケミカルメディエーター遊離抑制薬の「アレギサール鼻炎

漢方薬の「小青竜湯

抗アレルギー作用を示す点鼻薬「ナザールαAR」「コールタイジン点鼻液α」があります。

第二世代抗ヒスタミン成分は、比較的脳への作用は少なくなっています。

特に、「アレグラFX」「クラリチンEX」は中枢作用が少なくなっています。

市販の第二世代抗ヒスタミン薬リスト(アトピー性皮膚炎診療ガイドラインより、鎮静性情報を引用)

  製品名 用法 主成分
鎮静性 ザジテンAL 1日2回 ケトチフェンフマル酸塩
軽度鎮静性 ストナリニガード 1日2回 メキタジン
スカイナーAL 1日2回 アゼラスチン塩酸塩
ストナリニZ 1日1回 セチリジン
非鎮静性 アレジオン20 1日1回 エピナスチン塩酸塩
エバステルAL 1日1回 エバスチン
アレグラFX 1日2回 フェキソフェナジン塩酸塩
クラリチンEX 1日1回 ロラタジン

 

風邪薬

風邪薬で抗ヒスタミン成分が入っていないものには、

ストナデイタイム」「改源」「パブロン50」があります。

ただし、「ストナデイタイム」には、中枢抑制作用のあるジヒドロコデインリン酸塩が含有されています。

発熱やのど痛など症状が少ない場合は抗ヒスタミン成分が入っていない、シンプル成分の市販薬を選ぶことをオススメします

【薬剤師が選ぶ】風邪におすすめな6つの症状別シンプル市販薬

総合感冒薬ではなく、シンプル成分の薬を使う理由 副作用のリスクを減らすため 風邪 ...

続きを見る

 

かゆみ止め

かゆみ止めは、外用薬を使用することで、インペアードパフォーマンスを避けることができます。

もし、長期間続いて内服を飲むことを避けられない方は、一度医師に受診することをお勧めします。

 

最後に一言

なぜか集中できない。頭がボーっとする。

そんな時は、薬が原因かもしれません。

症状を改善して、いざ仕事、勉強に集中しようとしても、そのようなことになっていては本末転倒です。

最近は、医療用からのスイッチOTCも増え、セルフメディケーションの幅が広がってきました。

副作用がなく、効果も十分ある自分にピッタリの薬を探しましょう!

広告記事下




-薬の疑問, 副作用, 鼻炎薬

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.