成分で選ぶ 胃腸薬

【成分で選ぶ】おすすめな胃腸薬の選び方

更新日:

胃腸薬に入っている成分の特徴から、薬を選ぶ方法をご紹介します。

記事中広告

スポンサーリンク

胃腸薬成分早見表

胃腸薬に含まれる成分をまとめました。

胃腸薬のオススメな選び方

胃腸薬を選ぶおすすめな方法をご紹介します。

治したい症状とその原因に合った成分の入っている胃腸薬を選ぶことをおすすめします。

症状ごとのおすすめ成分を以下にご紹介します。

1:胃痛

胃酸によるもの:「胃酸分泌抑制成分」「胃酸中和成分」「胃粘膜保護成分」

胃腸の過剰運動によるもの:「鎮痙成分」

2:胸焼け

胃酸によるもの:「胃酸分泌抑制成分」「胃酸中和成分」

3:胃もたれ

食べ過ぎによるもの:「消化酵素」「利胆成分」

 

胃酸分泌抑制成分

胃酸による胃の刺激で痛みがある方には、胃酸分泌を抑制する成分が含まれているものをおすすめします。

胃酸の分泌を抑制する成分は、3種類に分類できます。

H2ブロッカー:「ファモチジン(ガスター10)」「ニザチジン(アシノン)」「ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩(イノセアワンブロック)」

M1ブロッカー:「ピレンゼピン塩酸塩(ガストール)」

抗コリン成分:「ロートエキス」

H2ブロッカーは単剤で、M1ブロッカーと抗コリン成分は配合剤で販売されています。

 

胃酸中和成分

胃酸を中和して、刺激を抑える制酸成分が含まれている胃腸薬があります。

胃酸を中和させる成分に、「炭酸水素ナトリウム」「沈降炭酸カルシウム」「合成ヒドロタルサイト」などがあります。

○○アルミニウム、○○カルシウム、〇〇マグネシウムなどといった名前が付いているものが当てはまります。

炭酸水素ナトリウムは、ナトリウム(塩分)を含むため、高血圧の方は、避ける必要があります

胃粘膜保護成分

胃酸から胃を守るために、胃は粘膜によって保護されています。

胃酸による胃痛は、胃酸と胃粘膜状態のバランスが崩れた時に起こります。

胃粘膜保護成分:「スクラルファート」「銅クロロフィリンカリウム」

胃粘膜修復成分:「トロキシピド」「アラントイン」「アズレンスルホン酸カリウム」

胃粘膜分泌促進成分:「テプレノン」「セトラキサート」「ソファルコン」「メチルメチオニンスルホニウムクロリド」

胃粘膜保護成分は、弱った粘膜部分に被さり胃酸によるダメージを軽減させるため、比較的すぐに効きます。

胃粘膜が弱っている方は、修復成分や粘膜分泌促進成分が配合されているものがおすすめです。

鎮痙成分

胃腸の過剰運動による胃痛には、鎮痙成分が含有されている製品がおすすめです。

市販の鎮痙成分には「ブチルスコポラミン臭化物」「チキジウム臭化物」があります。

局所麻酔成分

胃の刺激反応をマヒさせて痛みを軽減する成分に「オキセサゼイン」があります。

単剤製品しかありませんが、胃酸分泌抑制作用胃腸管運動抑制作用もあるとされています。

消化酵素

食べ過ぎによる胃もたれには、消化酵素が含まれている胃腸薬がおすすめです。

消化酵素は、脂質、炭水化物、たんぱく質などの分解を助けてくれる成分です。

脂質分解酵素:「リパーゼ」

タンパク分解酵素:「プロザイム」「ニューラーゼ」「ビオヂアスターゼ」「タカヂアスターゼ」

炭水化物分解酵素:「ジアスメンSS」「ビオヂアスターゼ」「タカヂアスターゼ」

利胆成分

利胆成分は胆汁の分泌を促進し、脂肪の消化を助けます

油物で胃もたれをする方は、利胆成分の「ウルソデオキシコール酸」が配合されている市販薬がおすすめです。

胃腸機能調節成分

食後すぐに胃もたれをする方は、胃腸機能調節成分が入っている胃腸薬がおすすめです。

「塩化カルニチン」は、胃腸運動の促進、胃酸分泌の促進などの作用があります。

「トリメブチンマレイン酸塩」は、胃腸運動の調節作用があります。

消泡成分

お腹にガスがたまり腹部膨満感がある方は、消泡成分が入っている胃腸薬がおすすめです。

市販の消泡成分には「ジメチルポリシロキサン(シロキサリース)」があります。

最後に一言

胃腸薬は、市販薬の中でも様々な成分が入っています。

自分の状態が「胃酸が原因」「食べ過ぎが原因」なのかを判断し、

それぞれに合わせた成分が入っているものを選ぶことをお勧めします。

胃腸薬を服用しても改善されない場合や、長期間繰り返すような時は、

重大な疾患が隠されていることもあるので、必ず医師に受診しましょう。

広告記事下




-成分で選ぶ, 胃腸薬

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.