おすすめ市販薬 いぼ、魚の目、たこ

【薬剤師が選ぶ】「いぼ」の見分け方とおすすめな市販薬

更新日:

「いぼ」におすすめな市販薬とその使い方をご紹介します。

記事中広告

スポンサーリンク

「いぼ」とは?

いぼ(尋常性疣贅:じんじょうせいゆうぜい)

「いぼ」とは、皮膚から盛り上がっている小さなできもののことです。

市販薬で対処できるいぼは、尋常性疣贅(ウイルス性疣贅)ですが、他にも様々な種類のいぼがあります。

小さく透明ないぼや、それがやや大きくなった程度であれば、市販薬で対処することができます。

病院に行くべき「いぼ」

硬くない、柔らかいいぼ

平べったい、扁平状のいぼ

大量にできたいぼ

足の裏に多くできたいぼ

デリケートな場所や顔、首の周りにできたいぼ

黒色のいぼ

引っかききずに剃って一列にできたいぼ

以上のいぼは、市販薬での対処ができませんので、皮膚科に行くことをおすすめします。

いぼに似たもの

「いぼ」に似たものに「うおのめ」や「たこ」があります。

うおのめ:皮膚に圧力などの刺激がかかり角質が厚くなった状態で、中心に芯があることが特徴

たこ:皮膚に圧力などの刺激がかかり角質が厚くなった状態で、うおのめと異なり、芯はない

市販薬での治療

市販薬での治療は、角質を溶かす成分を塗布または貼付し、取り除くことによって改善させていきます。

市販薬に含まれる成分

市販薬に含まれている成分には、「サリチル酸」や「乳酸」があり、どちらも角質を柔らかくする作用があります。

いずれも、増殖した角質を溶かして無くす、もしくは除去するといった治療法になります。

市販薬での治療の流れ

薬で角質を柔らかくする→物理的に取り除く→取りきれるまで薬、除去を繰り返す

薬で柔らかくなったら、爪切りやピンセットなど取り除きやすい道具で痛くない部分のみ取り除きましょう。

増殖しているのは、痛くない角質のみですので、痛くない部分のみを取り除きましょう。

表面の角質が膨らんでいる部分が取れたら治療完了です。

おすすめな市販薬

市販薬の種類

市販薬では、液体タイプ絆創膏タイプ2種類があります。

いぼの場合、たこと違い表面部のみを取り除けば良いので、調整が効き正常な皮膚を傷つけにくい液体タイプをおすすめします。

おすすめな市販薬

いぼの除去におすすめな市販薬に「スピール液」「スピールジェル」があります。

いぼを溶かしてくれる成分に「サリチル酸」がありますが、このスピールシリーズは15%と高濃度で配合されています。

さらに、皮膜を形成し患部にとどまりやすくする皮膜形成成分「コロジオン」も含有されています。

正常な皮膚を溶かしてしまうと、痛みを生じてしまうため、塗るときは患部以外に着かないようにしましょう

スピール液:棒タイプで細かくぬれる。

スピールジェル:ジェルなので垂れにくい。

正常な皮膚に薬液が着くのを避けるためには、保護パッドの併用もおすすめです。

最後に一言

「いぼ」は、市販薬で溶かして取ってしまうことが可能ですが、

使い方を誤ってしまうと健常部まで壊してしまい、余計に痛くなってしまいます。

詳しい使い方は、パッケージ内に入っている添付文書に必ず記載されていますので、しっかり読んでから使いましょう。

参考:皮膚科Q&A/日本皮膚科学会

今日のOTC薬

広告記事下




-おすすめ市販薬, いぼ、魚の目、たこ

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.