市販薬のコツ 貧血用薬

【市販薬のコツ】貧血薬の上手な使い方

投稿日:

鉄は、体内で様々な状態で存在します。

貧血が起こるメカニズムを知れば、貧血を起こしにくい体にすることができます。

記事中広告

スポンサーリンク

鉄の種類

体内では、「鉄」が様々な状態で存在しています。

貯蔵鉄(フェリチン):主に肝臓に貯蔵される鉄で、アポフェリチンが鉄と結合し、「フェリチン」という状態で保存されています。

血清鉄:鉄が利用されるために、貯蔵鉄からトランスフェリンという運搬体に鉄が結合し、活用場所まで運搬されます。

ヘモグロビン:「鉄+ヘム+グロビン」からなるタンパク質で、酸素の運搬に利用されます。

貧血になるまでの流れ

貧血になるには、ヘモグロビンの鉄が減るだけではなりません。

ヘモグロビンの鉄が減った場合、貯蔵鉄から鉄を供給しヘモグロビンを作るため、すぐには貧血になりません

補充元の貯蔵鉄が欠乏すると、赤血球のヘモグロビンが作れなくなり、貧血になります

鉄が補充される流れ

鉄剤を摂取すると、鉄によって赤血球のヘモグロビンが優先的に生成されます。

貧血症状は、赤血球の鉄が補充されれば回復しますが、貯蔵鉄が補充されなければ、また貧血を繰り返してしまう恐れがあります。

 

どのくらい続ければ良いのか?

通常、鉄欠乏による貧血では、

ヘモグロビンの正常化には、6〜8週間かかります。

 

貯蔵鉄(フェリチン)が完全に正常化するには、3〜4ヶ月、貧血の程度によっては半年ほどかかります。

体内の鉄が補充されているかは、血液検査で「ヘモグロビン濃度」「総鉄結合能」「血清フェリチン」を調べることで把握できますので、貧血を繰り返す方は、一度病院に行くことをお勧めします。

鉄の吸収

鉄は、小腸で吸収されます。

鉄は、簡単には吸収されず、小腸に鉄を通す専用のトンネルがあります。

そのトンネルは、Fe2+を通すような設計になっているので、

Fe3+はFe2+に変換されてから吸収されます。

つまり、鉄はFe2+の状態でしか吸収されません。

Fe3+の状態の鉄は、ビタミンCなどによって還元されFe2+の状態にしてから吸収されます。

 

市販の貧血薬

市販薬の貧血薬をご紹介します。
  エミネトン マスチゲン錠
1回量 2〜3錠 1錠
1日 2回 1錠
服用時間 食後 食後
成分 1日最大量 1日最大量
フマル酸第一鉄 540mg  
溶性ピロリン酸第二鉄   79.5mg
シアノコバラミン 60µg 50µg
葉酸 6mg 1mg
ビタミンB6 18mg  
ビタミンC 360mg 50mg
ビタミンE酢酸エステル 30mg 10mg
硫酸コバルト 0.9mg  
硫酸銅 2.1mg  
硫酸マンガン 0.3mg  
銅クロロフィリンカリウム 9.96mg  
銅クロロフィリンナトリウム 9.96mg  

 

「エミネトン」の特徴

鉄の種類Fe2+(第一鉄:2価)

鉄の量540mg(鉄として180mg)、1錠中では約30mg

服用回数1日2回

成分:胃腸の負担を減らす「銅クロロフィリンカリウム」、「銅クロロフィリンナトリウム」が配合。

その他:状態に合わせて服用量を調節できる。

「マスチゲン錠」の特徴

鉄の種類Fe3+(第二鉄:3価)

鉄の量79.5mg(鉄として10mg)

服用回数1日1回

容量買いやすい14日分がある

 

 

最後に一言

無理なダイエットやバランスの悪い食事は、鉄の摂取を減らし貧血を引き起こす原因となります。

レバーやイワシには、鉄分が多く含まれていますので、食事からの摂取も心がけることをおすすめします。

また、貧血に似た別の疾患も多々ありますので、症状が改善されない、繰り返す場合は医師に受診することをおすすめします。

参考:

広告記事下




-市販薬のコツ, 貧血用薬

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.