成分で選ぶ 口唇ヘルペス治療薬

【成分で選ぶ】おすすめな口唇ヘルペス薬の選び方

更新日:

市販されている口唇ヘルペス治療薬のおすすめな選び方をご紹介します。

記事中広告

スポンサーリンク

市販の口唇ヘルペス再発治療薬

口唇ヘルペスの市販薬には、現在2成分しかありません。

ビダラビン:「アラセナS」「アラセナSクリーム」

アシクロビル:「アクチビア軟膏」「ヘルペシアクリーム」

どちらも、ヘルペスウイルスの増殖を抑える抗ウイルス成分です。

抗ウイルス成分の入った外用薬を使用することで、口唇ヘルペスの治るまでの期間が短くなります

成分 用法 アラセナS アラセナSクリーム アクチビア軟膏 ヘルペシアクリーム
ビダラビン 1日1〜4回 軟膏 クリーム    
アシクロビル 1日3〜5回     軟膏 クリーム

どちらの成分がオススメか?

オススメの口唇ヘルペス治療薬は、「ビダラビン」を含むものです。

ポイントは、用法です。

ビダラビン:1日1〜4回

アシクロビル:1日3〜5回

ビダラビンは、1日1回でも効果が現れるため、塗ることを忘れてしまっても最低1回塗っていればOKです。

オススメの塗り方は、朝起きた時や化粧時に1回、毎食後に1回、就寝前に1回で、ライフスタイルに合わせて1日4回になるようにしっかり塗ることです。

 

軟膏とクリームどちらが良いのか?

軟膏とクリームで効果に大差はありません。

「軟膏」:油性基剤で汗や水で落ちにくい。べとつき、テカテカするが、ジュクジュクした患部でもしみにくい。

「クリーム」:油分と水分が混ざっている基剤。さらっとして使用感は良いが、汗や水で落ちやすい。テカテカが少ないが、ジュクジュクした患部にしみやすい。

汗などで落ちにくく残存性が高いので、軟膏をまずおすすめします。

しかし、口唇ヘルペス薬は1日複数回使用しますので、使用感の良いクリーム剤の方が使いやすい場合はクリーム剤をおすすめします。

ジュクジュクしている状態ですと、クリーム剤はしみることがあるので、テカテカがあまり気にならない人は軟膏の使用をおすすめします。

基剤 ジュクジュク患部 使用感 見た目
軟膏 しみにくい べとつく テカテカしている 強い
クリーム しみる さらっとしている 目立ちにくい 弱い

最後に一言

口唇ヘルペスは、ピリピリ、チクチクなど初期症状時から治療を始めることがポイントです。

また、ヘルペスウイルスは通常時には体内に潜伏感染しているため、免疫が低下すると発症してきます。

口唇ヘルペスにならないために、しっかり休息をとり、ストレスを溜めないようにリフレッシュしましょう

広告記事下




-成分で選ぶ, 口唇ヘルペス治療薬

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.