市販薬のコツ

【市販薬のコツ】これって痔?痔の種類とおすすめ市販薬

更新日:

痔の種類や症状で、市販薬を使い分けるとより効果的です。

痔の種類とそれぞれの種類にあった市販薬をご紹介します。

記事中広告

スポンサーリンク

痔の種類

痔には3種類あります。

痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)痔瘻(あな痔)の3種類です。

市販薬で対処できるのは、「いぼ痔」や「切れ痔」のみです。

肛門周囲の激しい痛み発熱肛門周囲の穴から膿の排出のような症状があると、「あな痔」の可能性があります。

「あな痔」は、放っておくと悪化してしまうので、受診が必須です。

市販薬で行えることは、痛みや出血などの症状を抑えることのみです。

症状を抑え、自然治癒によって改善されるのを待つのが市販薬の働きになります。

病院に受診するべき症状

肛門周囲には、痛覚がありますが、腸には痛覚がありません。

痛みのない出血や黒色便(便が大腸で血液と混ざり黒くなる)場合は、肛門より奥の腸での疾患が疑われます。

直腸ポリープ、直腸・大腸がんの可能性がありますので、医師に受診することおすすめします。

痔の症状別おすすめ市販薬

痔の時の市販薬の選び方は、剤型と成分の2つで選ぶ必要があります。

痔の種類(部位)にあった剤型を選ぶ

痔の種類 症状 坐薬 注入軟膏 軟膏
内痔核 出血、痔核の脱出 ×
外痔核 痛み、肛門部のはれ、少量出血 ×
裂肛 裂ける痛み、少量出血

痔の発生した部位で剤型は使い分けます。

病変部が奥の方から坐薬≧注入軟膏≧軟膏の順で使い分けます。

注入軟膏は、奥に入れることも周りに塗ることもできますので、部位によって使い方を変えることができます

部位によって使用方法を変える必要があるものは、△で表記してあります。

痔の症状にあった成分を選ぶ

痔の薬には、様々な成分が含まれていますが、

特徴として出血を止める成分配合の有無の違いがあります。

止血成分には、「ナファゾリン」「テトラヒドロゾリン」「フェニレフリン」があります。

出血がない場合 止血成分無配合 ボラギノールAシリーズ
出血がある場合 止血成分配合 プリザエースシリーズ

痛みやかゆみを止める成分は、ほとんどの市販薬に配合されていますので、選ぶポイントとしては、出血の有無で選ぶことをおすすめします。

最後に一言

痔の薬には、様々な種類があってわからないことも多いかと思います。

薬を選ぶときには、まずは自分の症状が何かを今一度考え、それに合ったものを探しましょう

少しでも、薬を選ぶことに役立てれば幸いです。

わからないことがあれば、薬局・ドラッグストアでどのような症状を改善したいかを店員に話し、ベストな薬を選んでもらいましょう。

参考:OTC医薬品販売のエッセンス

今日のOTC薬

広告記事下




-市販薬のコツ,

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.