お薬紹介 歯周病(歯槽膿漏)

【お薬紹介】歯茎の腫れ、出血に「ハレス口内薬」

投稿日:

歯肉炎・歯槽膿漏の諸症状を緩和させる「ハレス口内薬」をご紹介します。

基本情報

成分

成分 分類 含量(100g中)
ヒノキチオール 殺菌成分 0.1g
セチルピリジニウム塩化物水和物 殺菌成分 0.05g
グリチルリチン酸二カリウム 抗炎症成分 0.4g
アラントイン 組織修復成分 0.3g
トコフェロール酢酸エステル 血行促進成分 2.0g
カルバゾクロム 止血成分 0.02g

歯周病の原因菌を殺菌する「殺菌成分」や、歯茎の炎症を抑える「抗炎症成分」、歯茎の修復を助ける「組織修復成分」「血行促進成分」に加え、歯茎の出血を抑える「止血成分」が含まれた外用薬です。

効能・効果

歯肉炎・歯槽膿漏における諸症状(歯ぐきの出血・発赤・はれ・うみ・痛み・むずがゆさ・口のねばり、口臭)の緩和、口内炎

用法・用量

歯肉炎・歯槽膿漏:1日2回(朝・晩)ブラッシング後、適量(約0.3g/約1.5cm)を歯ぐきに塗り込んでください。

口内炎:1日2〜4回、適量を患部に塗ってください。

記事中広告

スポンサーリンク

特徴

他にない処方

歯肉炎・歯槽膿漏の市販薬は、いくつかありますが止血成分(血管強化成分)「カルバゾクロム」が新たに配合されました。

成分 分類 ハレス口内薬 クリーンデンタルN 生葉液薬
ヒノキチオール 殺菌成分 0.1g 0.1g 0.1g
セチルピリジニウム塩化物水和物 殺菌成分 0.05g 0.05g 0.05g
グリチルリチン酸二カリウム 抗炎症成分 0.4g 0.4g 0.4g
アラントイン 組織修復成分 0.3g 0.3g 0.3g
トコフェロール酢酸エステル 血行促進成分 2.0g 2.0g  
カルバゾクロム 血管強化成分 0.02g    

患部にとどまるポリマー配合

唾液ですぐにく取れてしまわないように、密着性の高いポリマーを配合した基剤になっています。

口内炎にも効能がある

口内炎の、炎症や荒れた皮膚を改善する成分が含まれており、口内炎にも効能があります。

 

合わせて使用したい市販薬

歯周病(歯槽膿漏)の症状を改善する市販薬が他にもいくつかあります。

歯磨き粉

アセス」は、医薬品の歯磨き粉で、朝晩2回の使用での有効率は、歯肉炎で85.5%、歯槽膿漏で66.7%です。他の歯磨き粉とは違い、効果が臨床試験により確かめられています。

効能は、歯肉炎・歯槽膿漏の諸症状(出血・はれ・口臭・発赤・口のねばり・歯ぐきのむずがゆさ・歯ぐきからのうみ)の緩和です。

研磨剤不使用」「重曹基剤:しょっぱい」「天然ハーブ成分が殺菌、抗炎症作用を示す」といった特徴があります。

洗口液(マウスウォッシュ)

アセスメディクリーン」は、歯磨き粉「アセス」と同じ天然ハーブによる殺菌抗炎症効果を持つ洗口液です。

効能は、「歯肉炎・歯ソーノーローの諸症状(口臭・口のねばり・歯ぐきのむずがゆさ・はれ・発赤・歯ぐきからのうみ・出血)の緩和」です。

+歯間ブラシ

歯周病のケアには、歯垢をしっかり取り除くことが重要です。

歯間ブラシやフロスなどを併用し、歯垢をしっかり取り除くことをおすすめします

その際は、歯肉を傷つけないように注意しましょう

歯間ブラシには効果が劣りますが、手間がかかってなかなかできないという方は、ジェットウォッシュを使用することをおすすめします

歯間の大きなゴミは取り除くことができます。

最後に一言

歯周病をしっかり改善させるには、薬だけはなく歯磨きや歯間ブラシを使用して歯垢を取り除くことが重要です。

歯垢が歯石になってしまうと、歯磨きでは取り除けないので、一度歯科医を受診し、今後のケアについて相談することをおすすめします。

広告記事下




-お薬紹介, 歯周病(歯槽膿漏)

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.