おすすめ市販薬 下痢止め

【薬剤師が選ぶ】下痢の種類見極め方とそれに合ったおすすめ市販薬

更新日:

下痢には様々な種類があり、それぞれに適した薬があります。

下痢の種類とおすすめの市販薬についてご紹介します。

記事中広告

スポンサーリンク

下痢の種類とおすすめ市販薬

神経性の下痢

通勤や通学中の電車で下痢っぽくなる。

そのような場合は、神経性の下痢の可能性があります。

神経性の下痢の場合で、今止めたいっ!という場合は、止めるタイプの下痢どめが即効性もありおすすめです。

成分では、「ロペラミド塩酸塩」があります。

フィルムタイプや水なしで飲める口腔内崩壊錠タイプがあります。

また、下痢になったり便秘になったり人によって異なる状態を示す、

過敏性腸症候群」の方には、「セレキノンS」が市販薬として発売されています。

こちらは、要指導医薬品のため、薬剤師のいる店舗でしか購入できません。

腸内環境を整え、下痢や便秘を改善する市販薬には、「ベストールファーバー」があります。

こちらは、食物繊維のみのシンプルお薬で、水分を吸収することで膨らみ、腸内環境を整えることで、下痢や便秘を改善してくれます。

急な時には、「ロペラミド」、その他の時は、腸内環境を整えるタイプの「ベストールファイバー」を使用することをおすすめします。

リラックスできる夜間に下痢が起こる場合は、神経性ではない可能性がありますので、注意が必要です。

ウイルスや細菌などによる下痢

ウイルスや細菌などによる下痢は無理やり止めてはいけません。

止めてしまうと腸内から原因のウイルスや細菌、毒素などを留めてしまうため、悪化させてしまう恐れがあります。

市販薬で使える下痢どめでは、「スメクタテスミン」という吸着型の下痢止めがあります。

スメクタテスミン」に含まれる、「天然ケイ酸アルミニウム」は、腸内の有害物質を吸着して除去してくれます。

吸着しやすいように、かなり細かい粉になっていますので、服用の際にはむせないように注意が必要です。

水に溶かしてから服用することもおすすめです。

下痢で注意が必要なことに、「脱水」があります。

脱水が進行してしまうと、体の水分と電解質が失われてしまうため、血圧の低下、頻脈、筋肉の痙攣などと進行し、死に至る恐れもあります

コレラの死の原因は、下痢による脱水です。

それほど、下痢による脱水は怖い状態です。

そのため、脱水を防ぐために、水分補給をやめたりせず、水分と電解質を共にしっかり摂ることをおすすめします

発熱、腹痛、粘血便がある場合は、細菌性の下痢かもしれません。

細菌性の場合、毒素を発生し、脳や臓器に障害を来たし、重篤化することがあるため、病院に行くことをおすすめします。

細菌には、抗菌薬が有効ですので、病院で治療することができます

 

病院に行くべき下痢の症状

腸に異常がある下痢の場合は、すぐに病院に行かなければなりません。

血便や黒色べんは、腸や胃に障害が起こっている可能性があります。

また、大腸がんも下痢を引き起こすことがあります

長期間下痢が続く場合日中深夜問わず下痢をきたす場合は、一度病院で検査をしてもらうことをおすすめします。

最後に一言

下痢といっても原因は、様々です。

特に市販されている下痢止めは、腸の動きを止めてしまうものばかりです。

下痢止めを購入する際は、自分の状況に合わせて選び、長引く場合や、血便、発熱、腹痛などを生じる場合は、病院に行くことをおすすめします。

参考資料:ジェネラリストのための 内科外来マニュアル

プライマリ・ケアに活かす 薬局トリアージ

 

広告記事下




-おすすめ市販薬, 下痢止め

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.