おすすめ市販薬

【こんな時にも市販薬】女性の頻尿・残尿感に効く医薬品がある!

更新日:

女性でおしっこが近い、回数が多いという方に使える市販薬をご紹介します。

記事中広告

スポンサーリンク

頻尿とは?

頻尿は、通常排尿を日中8回以上する場合をいいます。

ただし、排尿の回数は個人差があり、自分で多いと思ったら頻尿であるとも言えます。

頻尿の原因

頻尿の原因には、「心因性頻尿」「過活動膀胱」「膀胱炎」「膀胱癌」「心不全」「糖尿病」など様々なものがあります。

心因性頻尿

ストレスや緊張、不安によって頻尿が起こる場合があります。

心因性頻尿は、ストレスなどの精神的な影響から起きる頻尿ですので、

リラックス時や寝ている間には症状が現れません

過活動膀胱

過活動膀胱は、尿意切迫感、昼間頻尿、夜間頻尿、切迫性尿失禁が主な症状で、意図せず膀胱が動いてしまうことによります。

過活動膀胱は、50歳以上の女性では8人に1人がなっているといわれています。

過活動膀胱は、

尿をする回数が多い

急に尿がしたくなって、我慢が難しいことがある

我慢できずに尿を漏らすことがある

上の症状が1つ以上ある方は、過活動膀胱の可能性があります。

その他の原因

頻尿の原因には、神経疾患(脳血管障害:脳梗塞など、脊髄障害など)尿路感染症(膀胱炎)膀胱癌などがあります。

それらが原因の場合、原因疾患が治らなければ頻尿が改善されないのみならず、

治療が遅くなると、原因疾患が進行してしまうこともあるので、必ず受診が必要です。

尿路感染症では、排尿時の痛みや血尿や濁った尿といった症状が現れることがあります。

排尿に関して違和感がある方は、まず受診することをお勧めします。

女性の頻尿に使える市販薬

女性の頻尿に使用できる市販薬に「レディガードコーワ」があります。

効能・効果

女性における頻尿(排尿の回数が多い)、残尿感

薬の効き方

レディガードコーワに含まれている成分は、「フラボキサート塩酸塩」です。

一般的な、頻尿の治療薬では、抗コリン薬(膀胱の筋肉を収縮させるアセチルコリンの作用をブロックする薬)が使われますが、フラボキサートの作用機序は異なります。

詳しい作用機序は不明ですが、膀胱充満時の律動運動の抑制中枢性の排尿反射の抑制膀胱平滑筋の弛緩作用が確認されています。

使用上の注意(一部抜粋)

次の人は服用しないでください。

次の症状等がある人(何らかの重篤な疾患等による症状の可能性がありますので、泌尿器科の専門医を受診してください)

・脳脊髄疾患(脳腫瘍、脳梗塞や脳出血等の脳血管障害、パーキンソン病、脊髄損傷、脊椎腫瘍等)の診断を受けた人

→排尿をコントロールしている脳や脊髄の機能が低下すると頻尿を引き起こすことがあります。

・子宮癌又は直腸癌等の骨盤内手術を受けた人

→骨盤内には、排尿をコントロールする神経があります。

かかりつけの医師に相談することをおすすめします。

・血尿、排尿痛、膀胱痛、尿失禁の症状のある人

→尿路感染症による膀胱炎の可能性があります。

・日中の頻尿がなく、就寝後のみ頻尿のある人

夜間のみの頻尿は、心臓のヘルプサインかもしれません

横になると身体中の血液が心臓に回りやすくなり、弱っている心臓だと処理をしきれなくなります。

心臓が体の血液量を減らして負担を減らすため、「排尿を増やしてくれ」とサインと送り、頻尿になることがあります。

・発症が急性(発症後1ヵ月以内)の人

→発症が急性の場合、急性膀胱炎などの細菌感染や他の重大な疾患が原因の場合があります。

少しでも気になることがあれば、まず受診することをお勧めします。

 

本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないでください。

胃腸鎮痛鎮痙薬ロートエキスを含有する胃腸薬乗り物酔い薬鼻炎用内服薬風邪薬

上記の医薬品には、抗コリン成分(ブチルスコポラミン、ロートエキス、ベラドンナ総アルカロイドなど)や抗ヒスタミン薬(抗コリン作用も併せ持つものもある)が含まれています。

抗コリン成分は、膀胱の筋肉を弛緩させる作用も持つので、併用すると作用が強く出てしまうことがありますので、併用はしてはいけません。

 

※ご使用の際は、必ず製品に添付されている説明文書を必ず確認してください。

 

なぜ女性にしか使えないのか?

男性の場合、頻尿を起こす原因に「前立腺肥大症」があります。

前立腺は、膀胱と尿道に面している器官で、肥大すると排尿困難頻尿残尿感などが現れます。

前立腺肥大症では、尿道を圧迫しているので排尿がしにくい状態も伴います

そこで、排尿をするための筋肉を緩めて頻尿を抑えてしまうと、さらに排尿ができなくなってしまいます

男性の頻尿では、前立腺肥大症を伴っていることも多いため、市販薬では女性のみしか使えないのです。

最後に一言

頻尿にも色々な原因があります。

実は頻尿が、脳梗塞のサインだったり、心不全のサインだったりします

病院に行くとまずは、それらの疾患ではないかを問診や検査で確認してくれますので、

気になる方は、一度受診されることをおすすめします。

参考

頻尿とは?/日本泌尿器学会

心因性頻尿/メドレー

過活動膀胱ってどんな病気?/ファイザー

ブラダロン添付文書

レディガードコーワ添付文書

診療ガイドラインUP-TO-DATE

広告記事下




-おすすめ市販薬

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.