おすすめ市販薬 目薬

【薬剤師が選ぶ】ガマンできない「目のかゆみ」におすすめな目薬

更新日:

花粉症などでつらい「目のかゆみ」におすすめな市販の目薬を紹介します。

目薬の各成分に関しては以下の記事でご紹介しています。

【成分で選ぶ】おすすめな目薬の選び方

目薬の成分早見表 目薬のオススメな選び方   1:治したい症状は何か? ...

続きを見る

なぜ目がかゆくなるのか?

目のかゆみは、花粉やハウスダストなどの異物や刺激などにより、「ヒスタミン」が放出されることにより引き起こされます。

市販の目薬には、放出された「ヒスタミン」の作用をブロックする「抗ヒスタミン成分」や

「ヒスタミン」の放出を抑制する「抗アレルギー成分」が含まれているものがあります。

かゆみを抑える成分

市販の目薬でポイントとなるかゆみを抑える成分は2種類あります。

抗ヒスタミン成分:「ケトチフェンフマル酸塩(抗アレルギー作用も併せ持つ)」「クロルフェニラミンマレイン酸塩」

抗アレルギー成分1:「クロモグリク酸ナトリウム」

抗アレルギー成分2:「トラニラスト」「ペミロラストカリウム」「アシタザノラスト」

抗ヒスタミン成分は出てしまったヒスタミンをブロックができますので、起きているかゆみ症状を改善します

一方、抗アレルギー成分は花粉などによりヒスタミンを出すことを防ぎますので、症状を起こさせないようにに働きます

抗アレルギー成分1は配合剤として、

抗アレルギー成分2は単剤で第一類医薬品として販売されています。

おすすめな成分の選び方

一時的な目のかゆみ抗ヒスタミン成分

使用するたび目のかゆみが治る

花粉症など継続する目のかゆみ抗アレルギー成分

使用していくと目のかゆみが起きにくくなる

目のかゆみにオススメの目薬

数ある市販薬の中でおすすめな市販目薬をご紹介します。

「抗ヒスタミン成分」+「抗アレルギー成分」配合目薬

即効性と持続  性の両方の成分を含む目薬が販売されています。

市販薬で含有濃度も高いものに、「ロートアルガードクリアマイルドZ(ブロックZ)」「マイティアアルピタットNEXα」があります。

成分 分類 ロートアルガードクリアマイルドZ マイティアアルピタットNEXα
クロルフェニラミンマレイン酸塩 抗ヒスタミン成分 0.03% 0.03%
クロモグリク酸ナトリウム 抗アレルギー成分 1% 1%
プラノプロフェン 抗炎症成分 0.05% 0.05%
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 角膜保護成分 0.5% 0.5%

共に、抗ヒスタミン成分、抗アレルギー成分、抗炎症成分、角膜保護成分が同成分、同量で含有されています

「ケトチフェンフマル酸塩」配合目薬

抗アレルギー作用も併せ持つ、第二世代抗ヒスタミン成分「ケトチフェンフマル酸塩」配合の目薬がおすすめです。

市販薬では「アイリスAGガード」があり、抗炎症成分や新陳代謝改善成分も配合されています

「アイリスAGガード」は、医療用と同量のケトチフェンフマル酸塩が含有されています。

成分 分類 アイリスAGガード
ケトチフェンフマル酸塩 抗ヒスタミン成分 0.069%
グリチルリチン酸二カリウム 抗炎症成分 0.25%
タウリン(アミノエチルスルホン酸) 新陳代謝 1%

毎年花粉のシーズンになると目がかゆくなる

毎年、花粉のシーズンになると目がかゆくなる方には、予防的にも使用できる目薬がおすすめです。

ノアールPガード」は、花粉飛散開始の1〜2週間前からの使用が推奨されている抗アレルギー成分含有の目薬です。

抗アレルギー成分は、ヒスタミンの放出を抑制するので、早めに使用することで、目のかゆみの発生を抑える効果が期待できます

他にも、抗アレルギー成分含有の目薬がありますが、1日2回のものは、「ノアールPガード」のみです。

ただし、現在第一類医薬品ですので、薬剤師のいる店舗でしか購入できません。

最後に一言

目がかゆいとどうしてもこすってしまいがちです。

目をこすってしまうと、角膜に傷がついたり、細菌感染につながってしまいます。

そうなる前に、市販薬でかゆみに対処することをおすすめします。

広告記事下




-おすすめ市販薬, 目薬

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.