おすすめ市販薬 目薬

【薬剤師が選ぶ】目の乾き「ドライアイ」におすすめな目薬

更新日:

目の乾燥がつらい「ドライアイ」におすすめな市販薬をご紹介します。

目薬の各成分に関しては以下の記事でご紹介しています。

【成分で選ぶ】おすすめな目薬の選び方

目薬の成分早見表 目薬のオススメな選び方   1:治したい症状は何か? ...

続きを見る

なぜ目が乾くのか?

目の乾きは、涙の量が少なかったり、涙を保持する成分が少ない場合に起こります。

原因としては、「年齢」「乾燥した環境」「過度のパソコン作業」「コンタクトレンズの使用」などがあります。

ドライアイは、目の保護をしている涙液がなくなってしまうので、角膜が傷ついたり、細菌感染につながってしまうことがあります

ドライアイの治療

市販でできるドライアイを改善する方法を紹介します。

涙液様目薬を点眼

保水成分を点眼

医療用成分では、涙を保持する「ムチン」の産生を促進するものがありますが、市販薬ではありません。

ドライアイ目薬に含まれる成分

保水成分:「コンドロイチン硫酸エステルナトリウム」「ヒプロメロース」「ヒドロキシエチルセルロース

涙液様成分:「塩化ナトリウム」「塩化カリウム」「塩化カルシウム」など

オススメの目薬の選び方

ドライアイの目薬を選ぶときのポイントをご紹介します。

ドライアイ用の目薬は、大きく分けると涙液用成分のみのものと、保水成分も入っているものがあります。

保水成分(コンドロイチン硫酸エステルナトリウム、ヒプロメロースなど)が入っているものをおすすめします。

オススメの市販薬

スマイルコンタクトEXドライテクト」は保水成分もしっかり入っており、値段もお手頃ですのでおすすめです。

成分 分類 スマイルコンタクトEXドライテクト
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 保水成分 0.5%
ヒプロメロース 保水成分 0.3%
塩化カリウム 涙液様成分 0.05%
塩化ナトリウム 涙液様成分 0.3%

ロート養潤水α」は、保水成分に加え、新陳代謝を高める「タウリン」「L-アスパラギン酸ナトリウム」血行を促進する「酢酸d-α-トコフェロール」が含有されているのでおすすめです。

成分 分類 ロート養潤水a
酢酸d-α-トコフェロール 血行促進 0.03%
タウリン(アミノエチルスルホン酸) 新陳代謝 0.5%
L-アスパラギン酸カリウム 新陳代謝 0.5%
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 保水成分 0.5%

最後に一言

目の渇きにのみ特化した製品を紹介いたしました。

他に、疲れ目、充血などがあればそちらの症状を改善する成分を中心に目薬を選ぶことをおすすめします。

ドライアイが続く方は、市販薬では対応できない場合がありますので、一度眼科を受診することをおすすめします。

広告記事下




-おすすめ市販薬, 目薬

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.