おすすめ市販薬 目薬

【薬剤師が選ぶ】コンタクトでも使える「症状別」おすすめ目薬

更新日:

コンタクトレンズを着けている方にも使えるおすすめな市販薬をご紹介します。

目薬の各成分に関しては以下の記事でご紹介しています。

【成分で選ぶ】おすすめな目薬の選び方

目薬の成分早見表 目薬のオススメな選び方   1:治したい症状は何か? ...

続きを見る

記事中広告

スポンサーリンク

コンタクトの上から目薬が使えないワケ

コンタクトレンズに吸着する成分が入っていると、コンタクト使用時に目薬が使えません。

目薬の添加物として含有されている防腐剤の「塩化ベンザルコニウム(ベンザルコニウム塩化物)」は、ソフトコンタクトレンズに吸着してしまうため、ソフトコンタクトレンズ使用時には使用できません。

特に2WEEKソフトコンタクトレンズ使用時には、目薬を使用するたびに、どんどん防腐剤が吸着してしまうので、それが原因で目にダメージを与えてしまうことがあります。

ハードコンタクトレンズは、吸着しにくい材質でできていますので、通常装着時でも問題はありません。

コンタクトレンズを使用している際に、使用してはいけない場合は、必ずパッケージに記載されていますので、確認してから購入しましょう。

コンタクトレンズ非対応目薬の使い方

コンタクトレンズ非対応の目薬の使い方をご紹介します。

コンタクトレンズ非対応の目薬は、「ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないでください」となっています。

ですので、外した状態で目薬を使えば問題ありません。

目薬をさしたあと、どれくらい時間をあけて再度コンタクトレンズを装着すれば良いのか?

目薬といえば「参天製薬」ホームページを確認したところ、

「5分以上あけてから、コンタクトレンズを装用ください。」との記載がありました。

5分以上空けることで、薬剤は涙点から流れ出ていき、薬剤が角膜・結膜上に存在しない状態でレンズを装用するようにとのことです。

参天製薬「よくある質問」

「目のかゆみ」にオススメな目薬

目のかゆみにおすすめの成分は「クロルフェニラミン塩酸塩」です。

プラスで「抗炎症成分」が入っている「スマイルコンタクトEX AL-W」がおすすめです。

マイルドタイプとクールタイプ両方ありますので好みに合わせて選べます。

成分 分類 スマイルコンタクトEX AL-W ロートアルガードコンタクトa
クロルフェニラミンマレイン酸塩 抗ヒスタミン成分 0.03% 0.03%
グリチルリチン酸二カリウム 抗炎症成分 0.125%  
L-アスパラギン酸カリウム 組織代謝 0.2%  
ピリドキシン塩酸塩 組織代謝 0.01% 0.01%
ビタミンB6 組織代謝    
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 角膜保護成分 0.5% 0.5%

 

「ドライアイ」にオススメな目薬

シンプルに目に水分を補給したい方は、余計な成分が入っておらず、安い「ソフトサンティア」がおすすめです。

目にしっかり潤いを補充したい方は、保水成分「コンドロイチン硫酸ナトリウム」「ヒプロメロース」を含有し、保水機能がしっかりしたものが良い方は、「なみだロートドライアイコンタクトα」がおすすめです。

ドライアイで目にダメージがある方は、保水成分に加え、組織代謝を助ける「タウリン」「L-アスパラギン酸カリウム」含有の「スマイルコンタクトクールフレッシュ」もおすすめです。

成分 分類 ソフトサンティア なみだロートドライアイコンタクトa スマイルコンタクトクールフレッシュ
タウリン(アミノエチルスルホン酸) 組織代謝     0.2%
L-アスパラギン酸カリウム 組織代謝     0.1%
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 保水成分   0.5% 0.25%
ヒプロメロース 保水成分   0.4%  
ポビドン 保水成分     0.25%
塩化カリウム 涙液様成分 0.1% 0.028%  
塩化ナトリウム 涙液様成分 0.4% 0.35% 0.2%
炭酸水素ナトリウム 涙液様成分   0.05%  
ブドウ糖 栄養成分   0.03%  

「目の疲れ」にオススメな目薬

目の疲れにおすすめの成分は、目の酷使によって凝り固まった筋肉をほぐすピント調節機能改善成分の「ネオスチグミンメチル硫酸塩」や同じくピンと調節機能改善に働くビタミンの「シアノコバラミン」含有のものをおすすめします。

目の筋肉疲労時におすすめなのは、ピント調節機能改善に特化した「ソフトサンティアひとみストレッチ」です。

乾燥を伴う目の疲れの方には、「コンドロイチン硫酸エステルナトリウム」を含有した「ロートアイストレッチコンタクト」がおすすめです。

成分 分類 ソフトサンティアひとみストレッチ ロートアイストレッチコンタクト
ピリドキシン塩酸塩 組織代謝   0.01%
ビタミンB6 組織代謝 0.1%  
シアノコバラミン ピント調節機能改善 0.02%  
ネオスチグミンメチル硫酸塩 ピント調節機能改善 0.005% 0.005%
クロルフェニラミンマレイン酸塩 抗ヒスタミン成分   0.01%
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 保水成分   0.5%

「充血」にオススメな目薬

「充血」をすぐに改善する成分に「塩酸テトラヒドロゾリン」や「ナファゾリン塩酸塩」があります。

しかし、上記成分を含むコンタクト用目薬の市販は確認できませんでした...

目薬で「充血」を改善したい方は、コンタクトレンズを外したのち、上記成分が含有の目薬を使用することをおすすめします。

最後に一言

コンタクトレンズ対応の目薬は、種類が限られています。コンタクトレンズ非対応の目薬のみに含まれる有効成分があるものもありますので、

用法が1日2回であれば装着前と後に点眼をしたりするという手もあります。

コンタクトレンズを使用している人は、増えていますので今後コンタクトレンズ対応の目薬も増えてくると思われます。

症状別のおすすめ成分も紹介していますので、自分にぴったりの製品を探す手助けになれば幸いです。

 

広告記事下




-おすすめ市販薬, 目薬

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.