風邪薬 お薬紹介

【お薬紹介】頭痛、発熱、のど痛がつらい風邪に「コルゲンコーワIB錠TXα」イブプロフェン200mgの風邪薬

更新日:

コルゲンコーワIB錠TXが強化された、コルゲンコーワIB錠TXαをご紹介します。

コルゲンコーワIB錠TXα/興和

記事中広告

スポンサーリンク

コルゲンコーワIB錠TXαの特徴

従来品との違い

イブプロフェン1回量150mg(1日量450mg)→1回量200mg(1日量600mg)

去痰成分変更:グアイフェネシン→アンブロキソール

成分 分類 コルゲンコーワIB錠TX コルゲンコーワIB錠TXα
イブプロフェン 解熱鎮痛成分 450mg 600mg
トラネキサム酸 抗炎症成分 750mg 750mg
d-クロルフェニラミンマレイン酸塩 抗ヒスタミン成分 3.5mg 3.5mg
アンブロキソール塩酸塩 去たん成分   45mg
グアイフェネシン 去たん成分 250mg  
ジヒドロコデインリン酸塩 咳止め成分 24mg 24mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 気管支拡張成分 60mg 60mg
無水カフェイン 頭痛改善成分 75mg 75mg

1回量イブプロフェン200mg配合

コルゲンコーワIB錠TXα」は、1回量で解熱鎮痛成分「イブプロフェン」を200mg配合した風邪薬です。

風邪薬のイブプロフェンは、通常150mgですので、さらに多く配合されています。

発熱・頭痛にイブプロフェン

イブプロフェン」は、解熱・鎮痛成分ですので、

最大量配合されている「コルゲンコーワIB錠TXα」は、つらい「発熱」や「頭痛」におすすめな風邪薬です。

同じ「イブプロフェン」配合している鎮痛薬に「リングルアイビーα200」があり、同じく一回量で200mg配合されています。

鎮痛薬の最大量と同量配合したリッチな処方です。

喉の痛みに「イブプロフェン」+「トラネキサム酸」

イブプロフェン」は、喉の痛みを改善する作用がありますが、「トラネキサム酸」は喉の炎症を抑えることで、腫れと痛みを改善します。

この二つが、つらい喉の痛みを和らげてくれますので、喉の痛みがつらい方にもおすすめです。

基本情報

主成分(1日量)

イブプロフェン:600mg

トラネキサム酸:750mg

アンブロキソール塩酸塩:45mg

d-クロルフェニラミンマレイン酸塩:3.5mg

ジヒドロコデインリン酸塩:24mg

dl-メチルエフェドリン塩酸塩:60mg

無水カフェイン:75mg

効能・効果

かぜの諸症状(のどの痛み、発熱、悪寒、頭痛、せき、たん、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

用法・用量

成人(15歳以上)、1回3錠、1日3回 食後なるべく30分以内に水又は温湯で服用

最後に一言

風邪薬は、様々な種類のものが発売されています。

風邪薬は、ウイルスを倒すわけではなく、症状を抑える効果しかありませんので、

自分の状況に適した成分の配合されている風邪薬を選ぶことをおすすめします。

【成分で選ぶ】おすすめな風邪薬の選び方

風邪薬の基本成分 発熱、頭痛を止める成分:アセトアミノフェン、イブプロフェンなど ...

続きを見る

参考:コルゲンコーワIB錠TXα

広告記事下




-風邪薬, お薬紹介

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.