風邪薬 成分で選ぶ

【成分で選ぶ】おすすめな風邪薬の選び方

更新日:

風邪薬に入っている成分を見て選ぶ方法をご紹介します。

記事中広告

スポンサーリンク

風邪薬の基本成分

風邪薬には最低限以下の成分で構成されてます。

発熱、頭痛を止める成分:アセトアミノフェン、イブプロフェンなど

鼻水、くしゃみを止める成分:クロルフェニラミンマレイン酸塩、クレマスチンフマル酸塩、ジフェニルピラリン塩酸塩など

咳止め成分:ジヒドロコデインリン酸塩、デキストロメトルファン臭化水素水和物など

症状に合わせた薬の選び方

自分の1番辛い症状を改善する成分が入った薬を選ぶのをオススメします。

製品パッケージの裏に成分が書いてありますので、確認してみましょう。

症状別おすすめ市販薬

のどの痛みがつらい!

のどの痛みがつらい場合は、トラネキサム酸が入っている市販薬がおすすめです。

製品では、「ルルアタックEX(青いルル)」「コルゲンコーワIB錠TX」「ストナアイビージェルS(赤いストナ)」などがあります。

鼻水がつらい!

鼻水がつらい場合は、ベラドンナ総アルカロイドヨウ化イソプロパミドが入っている市販薬がおすすめです。

製品では、「ストナジェルサイナスS(白いストナ)」「ベンザブロックS(黄色のベンザ)」などがあります。

鼻づまりがつらい!

鼻づまりがつらい場合は、プソイドエフェドリンが入っている市販薬がおすすめです。

製品では、「ベンザブロックLプラス(銀のベンザ)」があります。

鼻炎薬では、「プソイドエフェドリン」が入っているものも多々あるのですが、風邪薬では確認できたのは、この銀のベンザシリーズのみでした。

せきがつらい!

せきがつらい場合は、ノスカピンが入っている市販薬がおすすめです。

製品では、「ストナプラスジェルS(黄色のストナ)」「新ルルAゴールドs」などがあります。この二つの製品は去痰成分気管支拡張成分も合わせて入っているので、気管支を広げ、たんのある咳にも効果的です。

たんがつらい!

たんがつらい場合は、アンブロキソール」「ブロムヘキシン塩酸塩」「Lーカルボシステイン入っている市販薬がおすすめです。

製品では、「パブロンSゴールドW」「ストナプラスジェルS(黄色のストナ)」などがあります。

総合的に全部つらい!常備薬としてオススメなのは?

今まで紹介した薬は決してポイントの症状に効かない訳ではありませんので、症状のつらさで特につらいところを選んで購入するのをオススメします。

常備薬として選ぶのであれば、

7歳以上の小児でも使用できる

のど痛に効くトラネキサム酸が入っている

鼻水を止めるベラドンナ総アルカロイドが入っている

去痰成分、気管支拡張成分が入っている」点から、

熱、のど、鼻、にルルが効く♪

新ルルAゴールドDX」をオススメします。

番外編:眠くならないものが良い

眠くならない薬の選び方は、下記の記事にまとめました
【市販薬のコツ】眠くならない薬を選ぶ3つのポイント!徹底解説

眠気を避ける薬の選び方 眠気が起こる成分が入っていない薬を選ぶ 確実に眠気を避け ...

続きを見る

副作用に眠気がある成分は、風邪薬では、「クロルフェニラミンマレイン酸塩」などの「抗ヒスタミン成分」、「コデインリン酸塩」などの「咳止め成分」が含有されています。

同じ成分でも体質によって、眠くなる場合、ならない場合がありますので、自分にあった薬を使用することをおすすめします。

1例だけあげると、抗ヒスタミン薬の「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩」は、「クロルフェニラミンマレイン酸塩」の眠気の副作用を改善したものですので、d-が付いているのもを選ぶことをおすすめします。

最後に一言

成分による自分の症状にあった薬の選び方をご紹介しました。

風邪薬は、症状を抑えるものであり、風邪のウイルスを倒して治すものではありません

ですので、睡眠、栄養補給をしっかり取りましょう。

広告記事下




-風邪薬, 成分で選ぶ

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.