風邪薬 成分で選ぶ おすすめ市販薬 鼻炎薬

【薬剤師が選ぶ】風邪で「鼻づまり」がつらい方におすすめな市販薬

更新日:

風邪で鼻づまりがつらい方におすすめな色々な種類の市販薬をご紹介します。

記事中広告

スポンサーリンク

鼻づまりに効く成分

鼻づまりにすぐ効く成分には、「プソイドエフェドリン」「フェニレフリン」「ナファゾリン」などの血管収縮成分があります。

鼻づまりは、風邪やアレルギーにより鼻粘膜が炎症し、血管が広がることで、鼻腔が狭くなり生じます

血管収縮成分は、鼻粘膜の血管を収縮させることで鼻づまりを解消します。

血管収縮成分の注意点

血管収縮成分を服用すると「高血圧」「心臓病」「糖尿病」「甲状腺機能障害」「前立腺肥大による排尿困難」の方は、症状を悪化させる恐れがありますので使用ができません。

鼻づまりにおすすめな市販薬

熱がある場合

熱がある場合は、風邪薬がおすすめです。

風邪薬には、鼻症状だけではなく、解熱薬や咳止めなどの風邪の諸症状に効く成分が入っていますので、鼻づまり以外にも風邪症状がある場合は、風邪薬がおすすめです。

成分 作用 パブロンメディカルN ベンザブロックLプラス
塩酸プソイドエフェドリン 血管収縮成分 135mg 135mg
イブプロフェン 解熱鎮痛成分 450mg 450mg
グリチルリチン酸二カリウム 抗炎症成分 40mg  
d-クロルフェニラミンマレイン酸塩 抗ヒスタミン成分 3.5mg 3.5mg
L-カルボシステイン 去たん成分 750mg 750mg
ジヒドロコデインリン酸塩 咳止め成分 24mg 24mg
無水カフェイン 頭重改善成分   75mg

「プソイドエフェドリン」を含む、風邪薬には2種類あります。

特徴は、カフェインが入っているかいないかです。

ぐっすり休んで風邪を治したい方は、カフェインフリーの「パブロンメディカルNがおすすめです。

また、「パブロンメディカルN」には、炎症を取ってくれる「グリチルリチン酸二カリウム」が含有されていますので、炎症を伴う喉の痛みが伴う方にもおすすめです。

仕事などで風邪で休めない方には、カフェイン入りの「ベンザブロックLプラスがおすすめです。

鼻症状のみの場合

鼻症状のみの場合は、余計な成分が入っていない鼻炎薬がおすすめです
   ロートアルガード鼻炎内服薬ゴールドZ ベンザ鼻炎薬α
成分 作用機序 1日3回 1日2回
プソイドエフェドリン塩酸塩 血管収縮成分 75mg 120mg
フェニレフリン塩酸塩 血管収縮成分    
dl-メチルエフェドリン 血管収縮成分 75mg  
メキタジン 抗ヒスタミン成分 4mg  
d-クロルフェニラミンマレイン酸塩 抗ヒスタミン成分   4mg
ベラドンナ総アルカロイド 抗コリン成分 0.4mg 0.4mg
トラネキサム酸 抗炎症成分   420mg
シンイエキス 生薬成分 24mg  
無水カフェイン 頭重改善成分 110mg 100mg

鼻炎薬できになるのは、眠気の副作用です。

眠気の原因となる成分は、抗ヒスタミン成分です。

血管収縮成分が配合されている鼻炎薬では、「メキタジン」がもっとも眠気が少ない成分で、次に「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩」が眠気が少ない成分です。

但し、体質によっては眠気の頻度は変わります。

ロートアルガード鼻炎内服薬ゴールドZ」は、眠気の少ない第二世代抗ヒスタミン成分「メキタジン」配合の鼻炎薬です。眠気が少ないのが特徴です。

ベンザ鼻炎α」は、第一世代抗ヒスタミン成分「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩」配合の鼻炎薬で、1日2回タイプであることが特徴です。1日2回タイプでは、もっとも眠気が起こりにくい鼻炎薬です。

鼻づまりのみの場合

鼻づまりのみの場合、点鼻薬がおすすめです

点鼻薬の血管収縮成分は、「ナファゾリン」「オキシメタゾリン」があります。

鼻に直接噴霧するタイプの血管収縮成分は、即効性があり使用するとすぐに鼻づまりが改善されます。

しかし、長期間使用してしまうと、逆に鼻づまりの原因になってしまうことがあります。

その為、噴霧タイプの血管収縮成分の使用は、最大でも1週間にしましょう

局所的に働く為、内服薬と異なり「高血圧」などの疾患がある方にも安全に使用することができます

成分 作用 ナザールスプレー ナシビンMスプレー
オキシメタゾリン塩酸塩 血管収縮成分   50mg
ナファゾリン塩酸塩 血管収縮成分 50mg  
クロルフェニラミンマレイン酸塩 抗ヒスタミン成分 500mg  
ベンザルコニウム塩化物 殺菌成分 10mg  

点鼻薬の血管収縮薬では、中身の成分によって持続性が変わってきます。

ナファゾリン塩酸塩」=3時間以上間隔をあけて噴霧

オキシメタゾリン塩酸塩」=10時間以上間隔あけて噴霧

と倍以上間隔の違いがあります。

持続性の長い「オキシメタゾリン塩酸塩」配合の点鼻薬を最低限の回数で使用することをおすすめします。

オキシメタゾリン塩酸塩(持続型)」配合の点鼻薬には、「ナシビンMスプレー」があります。

ナファゾリン塩酸塩」配合の点鼻薬には、「ナザールスプレー」があります。

鼻づまり解消グッズ

夜寝るときに鼻づまりがつらい場合は、物理的に鼻腔を拡げるものを使う方法もあります。

ブリーズライト」は、シールタイプの鼻を広げる鼻孔拡張テープです。

O2アップ」は、トンネル状になっているものを鼻に挿入するタイプです。

薬の使用を避けたい方で、夜鼻が詰まって眠れない方には、このようなものもあります。

最後に一言

鼻づまりに効く市販薬は、全て一時的なものです。

風邪などで短い期間だけ、鼻づまりに使用する場合は問題ありませんが、

長期で使用するには、体の負担が大きいので避けなければなりません。

鼻づまりが続く場合は、市販薬で対処するよりも、医師に受診することをおすすめします。

広告記事下




-風邪薬, 成分で選ぶ, おすすめ市販薬, 鼻炎薬

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.