市販薬のコツ 便秘薬

【市販薬のコツ】便秘薬の種類と使い分け

更新日:

便秘薬には、種類があります。

状況によって使い分けると効果的ですので、種類と使い分けについてご紹介します。

便秘薬の種類

便秘薬には以下のタイプがあります。

腸を動かして便を押し出すタイプ大腸刺激成分浣腸・坐薬成分

便に水分を与えるタイプ塩類成分浸潤性成分

便の量を増やす成分膨張性成分

タイプ別おすすめな便秘の種類

便秘薬の種類によって適した便秘のタイプがあります。

便が硬く小さい

便の水分が腸から吸収されると便が小さくなり、出にくくなります。

そのような方には、腸内の水分を増やし、便を柔らかくする塩類成分がおすすめです。

お腹が張る、便意が弱い

このような方には、刺激性の便秘薬がおすすめです。

但し、刺激性の便秘薬は、即効性に優れますが継続的に使用すると、大腸が慣れてしまうため、排便の力が弱くなってしまいます

ピコラックス」は、医療用でも用いられている「ピコスルファート」を含有した便秘薬です。他の刺激成分に比べ、お腹が痛くなりにくいため、おすすめです。

タケダ漢方便秘薬」などの漢方系便秘薬も「センナ」や「ダイオウ」のように刺激性の成分が配合されている市販薬です。 

便が少ない

便が少ない場合、食物繊維が不足していることが原因の1つです。

食物繊維のみのシンプルな市販薬に、「ベストールファイバー」があります。

膨張性成分で、水分を吸収し膨張する「プランタゴ・オバタ」という食物繊維を含んでいます。

便の量が少なく、腸の動きが弱い場合は、刺激性の成分も加わった「サトラックスビオファイブ」があります。

乳酸菌配合で、便の元になる腸内菌の環境も整えることも期待できます。

便が硬くてなかなかでない

便が硬くてなかなかでない場合は、出口付近で便が固まり、出にくくなっている可能性があります。

そのような時は、便の出口付近の直腸を刺激する浣腸や坐薬がおすすめです。

ミニカS」は、直腸を刺激する成分と便をやわからくする成分(浸潤性成分)が配合されているのでおすすめな浣腸薬です。

最後に一言

便秘薬にも様々な種類があります。

状況に合わせて使い分けると効果的です。

特に、刺激性の便秘薬は、使い続けると耐性を生じてしまうため、必要な時のみに使用を留めることをおすすめします。

広告記事下




-市販薬のコツ, 便秘薬

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.