成分で選ぶ 鎮痛薬

【成分で選ぶ】おすすめな痛み止めの選び方

更新日:

鎮痛薬の成分でみるおすすめな選び方を紹介します。

鎮痛薬に含まれる成分早見表

鎮痛薬に主に含まれる成分を表にまとめました。

鎮痛成分の解説

鎮痛主成分

鎮痛主成分は大きく2種類に分類されます。

アセトアミノフェンとその他(アスピリンなど)です。

アセトアミノフェンは、中枢に働き鎮痛作用を示します。

その他の鎮痛成分は、シクロオキシゲナーゼ(COX)という炎症を引き起こす物質を合成する酵素を阻害することにより、炎症→鎮痛を抑えます

 

鎮痛薬の系統

サリチル酸系:アスピリン、エテンザミド

プロピオン酸系:イブプロフェン、ロキソプロフェンナトリウム、アルミノプロフェン

ピリン系:イソプロピルアンチピリン

効果がイマイチの場合は、異なる系統の薬を使用をおすすめします。

 

どの薬を選べば良いか?

まずは、成分が一つだけのシンプルな薬をおすすめします

他の成分が入っていると、眠気などの副作用のリスクが増えてしまいます。

また、医療用では、単一成分もしくは、プラスで胃保護成分のみで使用されていますので、

単一成分だから効かない、といったことはありません。

単一成分の鎮痛薬

ロキソプロフェンナトリウム:ロキソニンS、ロキソニンSプラス(胃保護成分がプラス)

イブプロフェン:リングルアイビー200、イブ

アスピリン:バイエルアスピリン

アセトアミノフェン:タイレノールA

アルミノプロフェン:ルミフェン

単一成分の鎮痛薬には、眠くなる成分が含まれていません

 

胃への副作用が気になる方におすすめな市販薬?

胃への副作用は、鎮痛部位ではなく、胃でCOXを阻害してしまうことが原因です

胃酸から胃を守る働きに関わっているので、それが阻害されてしまいます。

アセトアミノフェンは、COX阻害ではない作用機序ですので、胃に優しい成分です。

また、アルミノプロフェンは、胃ではなく鎮痛部分に選択的に働くので、比較的胃に優しい成分です。

胃への副作用が気になる方には、アセトアミノフェン(タイレノールA)、アルミノプロフェン(ルミフェン)をおすすめします。

鎮痛薬で眠くなってしまう時は?

鎮痛薬で眠くなってしまう時は、

アリルイソプロピルアセチル尿素ブロモバレリル尿素が入っていることが考えられます。

それらは、鎮静作用により、鎮痛主成分の働きを助けます。

同じブランドでも入っていないものと入っているものがあるので注意が必要です。

「バファリンA」「ロキソニンS」→入っていない

「バファリンプレミアム」「ロキソニンSプレミアム」→入っている

眠気が気になる方は、〇〇尿素が入っていない鎮痛薬をおすすめします。

最後に一言

鎮痛薬は乱用すると、薬物乱用頭痛を引き起こすことがあります。

痛みがあるときだけ頓服で使用し、用法用量をしっかり守って使用しましょう。

広告記事下




-成分で選ぶ, 鎮痛薬

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.