おすすめ市販薬 鼻炎薬

【薬剤師が選ぶ】アレグラが効かない人におすすめな鼻炎薬

更新日:

どんな方にも、薬の相性があります。選んだ薬が効かなかった時の別な薬の選び方をご紹介します。

鼻炎薬の各成分に関しては以下の記事でご紹介しています。

【成分で選ぶ】おすすめな鼻炎薬の選び方

鼻炎薬の成分早見表     鼻炎薬に入っている成分の解説 抗 ...

続きを見る

記事中広告

スポンサーリンク

鼻炎薬が効かなかったときの対処法

自分に薬が合わなかった場合の症状別の薬の選び方をご紹介します。

「アレグラ」は眠気の少ない鼻炎薬として人気の製品です。

しかし、使っている人に話を聞くと効いているかわからない。という方もいます。

「アレグラ」などの第二世代抗ヒスタミン成分は、抗アレルギー作用も持ちます。

花粉シーズンの早めに服用を開始し、継続することで鼻炎などのアレルギー反応が起こりにくするという使い方もあります

抗アレルギー作用:ヒスタミンの遊離を抑える

抗ヒスタミン作用:遊離されたヒスタミンの作用を抑える

しかし、「今症状を抑えたい!もっと自分にあった薬があるのでは?」という方は、別な薬を使用するという選択もあります。

以下の3つの状況に合わせたおすすめの市販薬をご紹介します。

眠気が少ない他の薬を使用したい

鼻水をしっかり止めたい

鼻づまりをしっかり止めたい

 

眠気が少ないものが良い

眠気が少ないものが良い場合は、他の第二世代抗ヒスタミン薬がオススメです。

効果がイマイチの場合は、構造の系統が違う薬を使用してみると良い場合があります。

ただし、眠気に関しても体質によって出る場合もあります。

眠気 製品名 用法 主成分 系統
鎮静性 ザジテンAL 1日2回 ケトチフェンフマル酸塩 三環系+ピペリジン系
軽度鎮静性 ストナリニガード 1日2回 メキタジン フェノチアジン系
軽度鎮静性 スカイナーAL 1日2回 アゼラスチン塩酸塩 アゼパン系
軽度鎮静性 ストナリニZ 1日1回 セチリジン ピペラジン系
非鎮静性 アレジオン20 1日1回 エピナスチン塩酸塩 三環系
非鎮静性 エバステルAL 1日1回 エバスチン ピペリジン系
非鎮静性 アレグラFX 1日2回 フェキソフェナジン塩酸塩 ピペリジン系
非鎮静性 クラリチンEX 1日1回 ロラタジン 三環系

鼻水をしっかり止めたい

鼻水をしっかり止めたい場合は、「抗コリン成分」が入っているものがおすすめです。

「抗ヒスタミン成分」も鼻水を止める作用はあるのですが、鼻水をしっかり止めたい方には「抗コリン成分」を含まれているものをオススメします。

抗コリン成分には、「ベラドンナ総アルカロイド」「ダツラエキス」があります。

ただし、抗コリン成分は、鼻汁分泌とともに唾液分泌も止めてしてしまうため、口の渇きが気になる方にはおすすめできません

ストナリニS」は1日1〜2回服用、「エスタック鼻炎ソフトニスキャップ」は1日3回服用の鼻炎薬です。

成分 分類 ストナリニS エスタック鼻炎ソフトニスキャップ
クロルフェニラミンマレイン酸塩 抗ヒスタミン成分 12mg  
d-クロルフェニラミンマレイン酸塩 抗ヒスタミン成分   6mg
マレイン酸カルビノキサミン 抗ヒスタミン成分    
ダツラエキス 抗コリン成分 24mg  
ベラドンナ総アルカロイド 抗コリン成分   0.6mg
フェニレフリン塩酸塩 血管収縮成分 12mg 15mg

鼻づまりをしっかり止めたい

鼻水をしっかり止めたい場合は、「血管収縮成分」が入っているものがおすすめです。

鼻づまりは、炎症により鼻の血管が拡張することで起こります

血管収縮成分の「プソイドエフェドリン塩酸塩」「フェニレフリン塩酸塩」が入っているものがおすすめです。

成分 分類 アネトンアメルディ鼻炎錠 パブロン鼻炎速溶錠
クロルフェニラミンマレイン酸塩 抗ヒスタミン成分 12mg  
マレイン酸カルビノキサミン 抗ヒスタミン成分   12mg
ベラドンナ総アルカロイド 抗コリン成分   0.6mg
プソイドエフェドリン塩酸塩 血管収縮成分 180mg 180mg
無水カフェイン 頭重改善成分 90mg 150mg
サイシンエキス 生薬成分 30mg  
カンゾウ末 生薬成分 300mg  
シンイエキス 生薬成分 21mg  
ショウキョウ末 生薬成分 100mg  

また、「鼻水などの他の症状は治まっているけれども、鼻づまりのみを改善したい。」といった場合は、点鼻薬を使用するという選択もあります。

成分 分類 ナザールスプレー
ナファゾリン塩酸塩 血管収縮成分 50mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 抗ヒスタミン成分 500mg
ベンザルコニウム塩化物 殺菌成分 10mg

最後に一言

鼻炎関係の市販薬の種類は、続々と医療用からスイッチされ充実してきています。

薬はどうしても、体質により合う合わないが出てしまいますが、鼻炎薬の選択肢が多くなっていますので、

自分にあった鼻炎薬を探し、辛い花粉シーズンを乗り越えましょう!

また、医療用では、花粉症の体質を改善するような薬もできていますので、興味のある方は一度医師に相談してみてください。

広告記事下




-おすすめ市販薬, 鼻炎薬

Copyright© かかりつけドラッグストア , 2018 All Rights Reserved.